優秀な博士たちはどこへ行くのか?

0

Hundreds of articles have been written on the challenges faced by PhDs and postdocs. The 2014 National Academies 報告 states that about 65% of US PhD-holders continue into a postdoc, and only 15–20% of those move into tenure-track academic posts. The European situation is even more competitive — in the ユナイテッド Kingdom, for example, only about 3.5% of サイエンス doctorates become permanent リサーチ staff at universities.

博士号取得者も、この下のグラフにあるように、多額の負債を抱えて卒業する。

アトランティック also reports that, “Nearly 40 percent of the Ph.D.s surveyed in 2014 hadn’t lined up a job—whether in the 個人 インダストリー or academia—at the time of graduation.”

正社員の選択肢は少なく、優秀な研究者がいるにもかかわらず、暗い未来に直面し続けています。 サブジェクト・マター・エキスパート その結果、科学者は研究室から離れ、他のことに興味を持つようになります。その結果、科学者が研究室から離れ、他のことに興味を持つようになるのです。

Some people perceive this as a systemic filter to help only the brightest graduates get into the few permanent faculty positions on offer. It’s akin to separating the wheat from the chaff. However, the 本當 on the ground is much different.

非常に有望な経歴を持つ何百人もの科学者も、アカデミアの世界から足を洗っているのです。しかし、ほとんどの指導者が知っているように、これは全体像ではありません。移籍する科学者の動機はさまざまで、もっとお金が欲しい、もっと家族と過ごしたいという人もいれば、別の機会に誘われた人もいます。

The painful part is that most of these scientists would’ve liked to stay on in research if it was viable enough. At the end of the day, it’s a huge loss for both science as well as scientists. It’s quite ironical that the academic システム struggles to sustain even the brightest 博士号取得者、ポスドク 科学に大きな貢献ができる人。

そこで、将来有望な研究者でありながら、挫折や研究継続のための選択肢の欠如から、他のことに興味を持つために科学を離れた人たちの例を挙げ、研究責任者、教授、ポスドクからコメントを求めたいと思います。


Kolabtreeは、世界中の企業がオンデマンドで専門家を雇用できるよう支援します。私たちのフリーランサーは、企業が研究を公開するのを助けてきました。 書類製品開発、データ解析など、さまざまな業務に対応します。1分ほどで、お客様のご要望をお聞かせいただき、専門家によるお見積りを無料でお受けしています。


共有しています。

著者について

MinhajはKolabtreeのオペレーションを管理しています。

返信を残す