フリーランスのサイエンティストを雇う5つの理由

0

のです。 拡大する不均衡 米国では、博士号取得者数と学術職の空席数の間に、新しいタイプの学術者への道が開かれています。 フリーランス・サイエンティスト.実際、博士号取得後に6~10回のポスドク職に就き続けている研究者もおり、安定しているとは言い難い状況です。こうした懸念は、2014年から15年にかけて、新たな博士号取得者の数が2000年代初頭のちょうど2倍になったことで、危機的状況に陥りました。優秀な研究者が科学の世界から離れ、自ら「スタートアップ」を立ち上げるとともに、大量の博士号取得者がフリーランスの道を歩むようになったのです。この大変革に拍車をかけた理由としては、地理的な制約、既存の研究者への偏見、資金調達の問題などが挙げられます。最終的には、資金や機会などの外部的な制約が、科学の発展のスピードを乱すのではないかという疑問に行き着きました。幸いなことに、その答えは、フリーランスの科学者によって、ポジティブなものとして維持されてきました。ここでは、企業がフリーランスの科学者を雇うべき5つの理由をご紹介します。

1.タイムマネジメントに長けている

独立した研究者にとって最大の資源は「時間」です。どんなフリーランスでも1日の1時間1時間を有効に使う必要がありますが、フリーランスの研究者の場合、その重要性はさらに高まります。そのためには、1日の業務内容に応じて時間を配分するアワー・スケジュールが必要です。クライアントとの打ち合わせに1時間、新規プロジェクトの提案に1時間、レポートのチェックに2時間......。- すべてのタスクに正確な専用時間が設定されていなければならない。

また、フリーランス・サイエンティストの1日のスケジュールは、以下のようなものでなければなりません。 時間管理の異なる層 1日のうち、ほとんど1分1秒を争うほどです。というのも、科学者はコンピュータシステム上だけで仕事をしているわけではなく、サンプルを集めたり、時には人にインタビューしたり、あるいは仮説を検証するために何時間も何日もかけて作業をすることもあります。これらの作業は、時間単位のスケジュールで定量化することができず、他の作業に影響を与える不定形の時間が必要となり、さらに重要なことには納期にも影響します。ですから、フリーランスの科学者は、プロジェクトを期限内に完了させるために、従来の科学者よりも120%の集中力と献身を必要とします。また、フリーランスの科学者はオフィスを借りて仕事をしていることが多いので、予定よりも時間がかかってしまうと、自分の出費が増えてしまうことも忘れてはいけません。時間管理のスキルは、フルタイムの仕事をしている人には十分に強調されていますが、フリーランスの科学者のタスクスペースを考えると、はるかに重要な意味を持つのです。次に、あなたは科学者の言葉を聞いたとき 時は金なり彼がフリーランスであることを信じています。

2.非の打ちどころのないコミュニケーション能力を発揮できる

コミュニケーション能力が仕事の成功を左右することは多くの人が認めるところですが、フリーランスの科学者にとっては、コミュニケーションは全く新しい意味を持ちます。機会を作り、自分を売り込み、プロジェクトの料金を交渉し、世界を変えるような結果を出し、さらには論文を発表しなければなりません。さらに、研究論文の引用や学会発表の重要性も忘れてはなりません。このように、一つ一つの行動や仕事、アジェンダには、コミュニケーション能力の向上が求められます。従来の科学者であれば、適度なコミュニケーション能力によって仲間内での評価を得ることができますが、フリーランスの科学者は、十分なコミュニケーション能力がないと前途が危ぶまれます。さらに、フリーランスの科学者の中には、科学コミュニケーターとしてのキャリアだけではなく、別のキャリアを歩む人も少なくありません。ですから、フリーランスの科学者にとっては、言葉と文章の両方の素晴らしいコミュニケーションスキルが必要なのです。

3.会計士でもあります

Businesses hire accountants to check budgets, payments and all other types of expenses. But freelancers require doing these tasks mostly on their own unless they’ve grown to a certain extent and hired subcontractors to carry out these seemingly tiny, yet absolutely essential tasks. A freelance scientist should be able to account the time required to complete projects, decide hourly rates for them, check the overhead expenses required for sampling data, track software usage costs, server renting costs, office accommodation and running expenses and so many other costs, all on a regular basis. This means, they’re either going to sit with their registers once a day or if they’re lucky, once or twice a week. But accounting is a very significant task that comes with freelancing and there’s no second way around it. While on one side, regular accounting helps understand how financially sustainable you are as a freelance scientist, the downside is, if you hate it, you’ll never really be able to make the most of the available resources. A big challenge of going solo is managing finances and freelance scientists require mastering it even before thinking about increasing their clientele.

READ ALSO  Three Ways Kolabtree Helps Businesses Hire Independent Scientific Consultants

4.優れたネットワークスキルを持っている

Networking skills occupy a large share of a freelance scientist’s credentials even more than the number of post-doc positions they’ve had. Building a strong reliable network of like-minded professionals helps to get new projects, builds trust towards clients and also aids in the process of publishing findings in high-impact journals.

フリーランスの研究者は、しばしば政府機関からの資金確保の問題に直面し、これが全体のワークフローに影響を与えます。フリーランスの研究者が長い道のりを歩むためには、研究機関の仲間やかつての指導者、関連分野の善意の同僚からのサポートが欠かせません。フリーランスの研究者は、自分の仕事の中で完璧な人と強いつながりを築くことができますし、時には素晴らしい証言や推薦を得て、従来のフリーランサーのようにフリーランスの研究者に仕事が舞い込むこともあります。フリーランスの科学者には、次のような義務があります。 研究論文の引用数の増加 そして 学会発表 極めてポジティブなネットワーキング能力がなければ実現しない。

5.マルチタスキング。彼らは一度にたくさんの帽子をかぶることができます。 

The strongest qualities that freelance scientists are associated with are their abilities to multitask during their tenures as well as the additional skills they hone themselves into, for making it big. Freelance scientists just don’t stick to being scientific innovators, they’re studying new statistics software, or they’re even studying citizen surveys on the internet. In short, the career span of freelance scientists stops at nothing.

フリーランスの科学者は、しばしば起業家と比較されます。 その理由は、様々な分野のスキルを習得し、様々な種類の人々を管理し、様々な業界にサービスを提供し、日常的に一流の分析と技術的洞察を提供しているからです。最近では、自分の専門分野では完璧主義者でありながら、他の広範囲な分野でも素早く能力を発揮するフリーランスの科学者を見つけることは難しくありません。フリーランスの科学者は、探検家、マーケター、ライター、エディター、ネゴシエーターなど、すべてが一つにまとまっています。ある日は斬新なデータビジュアライゼーションツールを探求し、ある日は本を書いているかもしれませんが、彼らのほとんどは止まることができません。

科学者のキャリアパスには様々な課題がつきものですが、フリーランスの科学者の道ではその複雑さは何倍にもなります。しかし、誰もがこの格言を聞いたことがあるのではないでしょうか。 困難に直面したとき、困難を克服するためには.それは、フリーランスの科学者がキャリアの成功に向けて踏み出すすべてのステップに当てはまります。明るい話題としては、ますます多くのフリーランスの科学者が登場し、自分たちで非営利のコミュニティやサポートシステムを構築し、個人としても全体としてもより大きな成功に向けてお互いを導いていることです。彼らは、異なる地域、時間帯、対人関係を模索し、平行した時間軸を生きていますが、研究を継続し、継続的に繁栄するための従来とは異なる方法を開拓しているのですから、部屋いっぱいの拍手を浴びる価値があります。

—————
フリーランスのサイエンティストとの仕事をお探しですか?あなたのプロジェクトを コラブツリー で、MIT、ケンブリッジ、スタンフォード、オックスフォードなどの博士号を持つ専門家と一緒に仕事をすることができます。


Kolabtree helps businesses worldwide hire freelance scientists and industry experts on demand. Our freelancers have helped companies publish research papers, develop products, analyze data, and more. It only takes a minute to tell us what you need done and get quotes from experts for free.


Unlock Corporate Benefits

• Secure Payment Assistance
• Onboarding Support
• Dedicated Account Manager

Sign up with your professional email to avail special advances offered against purchase orders, seamless multi-channel payments, and extended support for agreements.


共有しています。

著者について

マハスウェータは、フリーランスのメディカルライター、サイエンスコミュニケーターとして、技術文書、ブログ記事、ニュース記事の作成に携わっています。根っからのバイオテクノロジー研究者で、組織工学、医療用画像処理装置、工業用微生物学の研究経験があります。また、Elsevier、Wolters Kluwer Health、Royal Society for Chemistryなどの雑誌の編集者としても活躍しています。

返信を残す