博士号取得者の代替キャリアの選択肢として、アカデミアにラベルを貼る時が来たのでしょうか?

0

ほとんどの博士号取得者は、アカデミックな世界で大成することを望んでいる。ポスドクのほとんどは、テニュアトラックのポジションが夢である。しかし、現実には、わずか10%しか終身在職権を獲得できず、残りは産業界、政府、あるいは他の研究機関に移ってしまうのです。 オルタナキャリアの仕事.

でも、ちょっと待ってください。90%の博士号取得者がアカデミアのテニュアトラックに就職していないとしたら、それはキャリアの主流の選択肢と呼べるのだろうか?確かに、あと30%ほどはテニュアトラックでない職を得ていますが、それでも40%になります。60%の卒業生とポスドクにとって、「その他」あるいは「代替キャリア」という選択肢は、それほど重要な選択肢になり得るのでしょうか?また、ノンテニュアトラック職の不確実性を加味すると、その分30%も割り引くべきかもしれませんね。

これは大きな発言かもしれませんが、アカデミックなポジションが実際に博士号取得者の主要なキャリアオプションとして認識されるべきかどうか、再考する時期に来ているのではないでしょうか。テーブルの上にある選択肢のうち、10%を占めるだけのものは、代わりに代替キャリアとしてラベル付けされるべきではないでしょうか?それは単に割合の問題ではなく、安定性、名声、研究への貢献、卒業生の願望などの問題なのかもしれませんが、そろそろ視点を変えるべき時期に来ているのではないでしょうか。その大きな理由のひとつは、アカデミアで成功しなかった卒業生を見捨てないようにするためです。

産業界のトップは新卒者の不足を訴え続け、一方、新卒者は現実的な選択肢の欠如に苦しみ続けている。火のないところに煙は立たない。雇用主が不満に思っているのは、卒業生の数が少ないことよりも、卒業生の雇用可能性についてである。そこで、視点を変えることで、両者の問題を解決することができるのです。

大学、教授、大学院生が一丸となって、卒業生のうち、学術界で安定した長期的な地位を得るのはごく一部であるという事実に注目すれば、雇用可能性は改善されるでしょう。博士号取得者にスキルがないわけではありませんが、ほとんどの場合、産業界にフォーカスしていないために、輝かしい学歴の輝きが失われているのです。皮肉なことに、博士号は特定のキャリアを選択する際の障害とみなされることもある。

太陽に従えば影は薄くなる。もし、新卒者の業界における雇用可能性を向上させることに焦点を当てることができれば、業界と新卒者のキャリアの選択肢の両方にとって、大きな変革となることでしょう。 専門家の発掘 また、ポスドクは、自分の能力を生かし、立派な生計を立てるために、幅広い選択肢を持つことができるようになります。

雇用主、教授、博士課程学生、ポスドクに、以下のコメント欄を通じて考えを共有してもらいたいと思います。


Kolabtreeは、世界中の企業がオンデマンドで専門家を雇えるようにします。当社のフリーランサーは、企業が研究論文を発表したり、製品を開発したり、データを分析したりするのに役立っています。それはあなたが行う必要があるものを教えて、無料で専門家からの見積もりを取得するために1分だけかかります。


共有しています。

著者について

MinhajはKolabtreeのオペレーションを管理しています。

返信を残す