ギグ・エコノミーが誰にとってもWin-Winの状況である理由

0

かつては、フルタイムの仕事をしている人は、契約者よりも一歩先に進んでいると言われていました。しかし、その境界線が曖昧になってきているのが、コントラクターの台頭です。 ギグ・エコノミーというものです。 は、経済の伝統的な労働構造を急速に変化させています。従来の働き方では、「9時から5時まで」の仕事をして、会社の階段を上ってきましたが、今では一部の熟練した労働者がこのサイクルから抜け出し、自分の道を切り開いています。時間の融通が利く、場所にとらわれない、自分の好きなように仕事ができるなど、未来の仕事のあり方が変わってきています。 リモートワークそして、短期契約者の需要が増加しています。大きな問題は、この経済で実際に勝つのは誰かということです。 

働き方の本質が変わる

A 研究 from 2015 reports that 労働人口の20-30% アメリカでは、独立した仕事で収入を得ています。これまでで最も高い割合となりましたが、ここで終わるとは考えられません。過去数十年間、新卒者にはひとつの「正しい」道がありました。一つの仕事を選び、それを40年以上続けて退職することが求められていたのです。

現在、新卒者が生活費やスキルアップのためにさまざまな副業をしているのを見かけます。実際、これは単に生活費を稼ぐためだけのものではありません。今では、多くのアメリカ人にとって、それが新しい常識となっています。さまざまな業界の企業が、専門的な知識を持つ人材を求めており、そのギャップを埋めるためにフリーランスの人材を求めています。 フリーランスの科学者. That means workers of today have more freedom to 了簡 a work/life balance that works for them. 

エキスパートフリーランサーへのアクセス

There are a lot of misconceptions about the reality of freelancing. Many imagine freelancers to be struggling to always land side jobs. They’re always hustling from one things to the next, and they don’t have a reliable source of income. But that couldn’t be further from the reality for most established freelancers.

のある方 インデマンド・スキル and the ability to マーケット themselves in the digital 世界 have a higher earning potential than they ever would have in a traditional workplace setting. Recent research (as depicted by the graph below) suggests that highly qualified workers, including PhDs and postdocs, are freelancing as well. In fact, Kolabtree has over 5,500 freelance scientists from the likes of NASA, MIT, Cambridge University, Stanford University, and more. 

それ以上に重要なのは、彼らの自由度が高まり、自分で仕事をデザインできるようになったことです。記録を残すのは簡単ですが これを使って請求可能な時間 ホームページ様々なデジタルツールを駆使して、タスクリストを管理したり、世界中のクライアントやチームメンバーとコラボレーションしたりしています。下のグラフは、フリーランスの仕事を始めた理由として、「お小遣い稼ぎ」と「フレキシブルなスケジュール」が上位に挙げられていることを示しています。 

企業にとってのメリット

ギグ・エコノミーではフリーランサーが多くを占めているため、企業は敗者になると勘違いしているかもしれません。優秀な人材が9時から5時までの勤務を辞めてしまったら、誰が彼らのオフィスを埋めるのでしょうか?しかし、これはあらゆる企業にとって朗報です。フレキシブルなプロジェクトに協力してくれる有能な専門家へのアクセスが増えるのですから。 

In the past, it would likely have been impossible for a small business to hire a full-time employee to consult on a specific プロジェクト. Today, they can simply hire this candidate on their own terms, as needed. This is a more affordable システム than hiring full-time employees, and it gives more options for even small business to use the best experts. By hiring short term contractors, companies are even tapping into the benefits of hiring バーチャル社員.実際に、世界中の食品会社は、Kolabtreeで博士号を持つフリーランスの食品科学者を雇うことで、50%以上のコスト削減を実現しています。 

挑戦

Finally, we’re left with wondering if there is anyone who loses in the gig economy. It’s clear that this new system gives rise to flexible hours, 遥か work opportunities, more paid opportunities, and more experience options. But it’s also worth noting the particular challenges. There are a couple of drawbacks to moving away from that traditional 9-5 path: like insurance benefits and the stability that comes from working in the same office every day. Also, freelancers have to make sure that their online portfolios and profiles are up to date, they do their work well, and they collect reliable feedback from clients that they can showcase to be a step ahead of the competition. 

未来 

多くの需要のあるスキルが不足しており、このギグ・エコノミーを満たすためには、これまで以上に多くの人々が必要とされています。しかし、今後数年間は、こうした課題を次世代のギグワーカーたちが引き続き克服していくことが期待されます。最終的には、ギグ・エコノミーでは、敗者よりも勝者が多くなります。新しいテクノロジーのおかげで、あらゆるバックグラウンドを持つ専門家が、インスピレーションやモチベーションを与えてくれるプロジェクトに簡単に参加できるようになり、両者にとってWin/Winの関係が築かれているのです。

 

—-
フリーランスの専門家を雇う必要がありますか?あなたのプロジェクトを無料で コラブツリー をクリックすると、世界中の5,500人以上のフリーランス科学者にアクセスできます。


Kolabtreeは、世界中の企業がオンデマンドで専門家を雇用できるよう支援します。私たちのフリーランサーは、企業が研究を公開するのを助けてきました。 書類製品開発、データ解析など、さまざまな業務に対応します。1分ほどで、お客様のご要望をお聞かせいただき、専門家によるお見積りを無料でお受けしています。


共有しています。

著者について

返信を残す