バーチャル・リアリティ。データビジュアライゼーションの未来

0

円グラフや棒グラフなどの静止画でデータやビジュアルのアイデアを共有することは、今日ではほとんど原始的なことのように思えます。しかし今では、より速く、より効果的に、そしてリアルタイムで洞察を伝える、ダイナミックでインタラクティブなビジュアルを提供できるようになりました。では、バーチャルリアリティは、データビジュアライゼーションの未来の姿なのでしょうか?の信じられないほど美しいビジュアライゼーションの例を見てみましょう。 #MeToo Googleトレンドからの動きや ワシントンポストの「鋼鉄の海 を可視化しています。

There’s just one problem. The amount of data coming in has grown considerably, even when there are only a handful of sources involved. So many apps, devices, and tools are now regularly collecting data, it provides an endless stream of インフォメーション, but also an infinite stream of maintenance and revision for data visualizations.

従来のモニターやテレビのような平面上の2Dまたは3D画像は、近い将来、制限されてしまい、少なくともデータのビジュアライゼーションに関しては、劣悪な視覚体験になってしまうでしょう。

バーチャルリアリティやオーグメンテッドリアリティの技術は、どう考えてもすでに成功しています。専門家は、拡張バーチャルリアリティの世界市場規模は、2022年までに1兆2,090億円になると予想しています。同様に、バーチャルリアリティソフトウェアの世界市場規模は、2021年までに1兆2,000億円に達すると予想されています。これはすごいことです。

The technology also has a ton of potential in the data visualization and 分析学 industry. Imagine a virtual space or experience where you can manipulate, review and create data with 360-degree precision. It’s a very sci-fi and マイノリティ・リポート-esque 一般の消費者から企業の経営者まで、すべての人が仮想空間でデータを確認できるようにするというコンセプトです。

It will completely alter the way we view data. For instance, 事業 presentations often take place in a conference-style environment, with professionals or executives seated around a table gazing at a projector screen. In virtual reality, that setting could change completely. You could give a presentation on a virtual beach, for example, or an alien planet. And as far-fetched as it sounds, it can help the data visualizations and resulting presentation, especially when you tailor the virtual environment to the existing コンテンツ or topic.

バーチャル・リアリティがもたらすデータ・ビジュアライゼーションの未来。新たな戦略

本来、データビジュアライゼーションには、楽しさやエンターテイメント性はありません。シリアスな環境では、それは良いことでもありますが、伝えるべきデータに影響を与えることもあります。例えば、ありきたりのフォーマットでは、視聴者は情報に注意を払う気にならないでしょう。

バーチャルリアリティは、体験することで、革新性や面白さを多く提供できる可能性があります。例えば、Arwa Michelle Mboya氏のプロジェクト「Night at the Museum」(下の写真)を見てみましょう。このプロジェクトでは、携帯電話で簡単にバーチャルリアリティを体験することができます。博物館や科学博覧会、現実世界の「ギャラリーのような空間」で見られるような、さまざまな3D指向のシーンで知見を提示することができます。


Aside from entertainment, VR and AR technologies can also offer more practical use cases when it comes to data manipulation, processing, and review. It’s possible to present data in a 3D canvas, wrapping around us visually to offer more advanced and natural ways to interact with it. Cross-referencing applications can also allow for discovery and pattern recognition in more efficient ways.

仮想化 is an AI and VR provider that is already working on these kinds of experiences. They call it “immersive analytics,” which surrounds viewers visually and gives them full 制御 alongside access to smart mapping or AI support, which they can use to explore and understand data sets. We’re talking multi-dimensional data 分析, augmented by incredibly natural interactions and support.

単なる体験を超えて

残念ながら、今日の状況では、VR対応のデータビジュアライゼーションを提供するアプリケーションはほとんどありません。VRは比較的新しい概念であり、その可能性を最大限に引き出すためには、この分野の開発者やソフトウェアエンジニアが時間をかけて献身的に取り組む必要があります。

現状では、ほとんどのVRやARのデータビジュアライゼーション体験は、浅いインタラクションしかできません。データを動かしたり、形を変えたり、新しい形で見ることはできますが、それ以上のことはできません。 DatavizVRはその好例 このアプリでは、データセットを視覚化して表示することができますが、それだけです。もっと高度な体験や表現ができないものかと考えています。

この技術が業界で本当に役立つようになるためには、結果として得られるデータをよりコントロールできるような、新しいカスタム体験が必要になります。

Imagine, for instance, an onsite 開発 planner who can map out an entire project before them through visualized progress, spec details, safety statistics and worker insights, all presented via a virtual space. Yes, that data and information can be visible almost instantly, but presenting it in a more meaningful way means crafting such experiences at a software level. The finely crafted experiences become even more significant as you start to consider how the user might want to manipulate, edit or review the data they see.

誰も信頼できるバーチャルリアリティの映像を作っていないわけではありません。それは 実際にはかなりの数になります。のようなものです。 Google LabsのBrexit可視化 または ニューヨーク・タイムズの冥王星体験.しかし、それらの多くは、必ずしもビジネス環境で見られるようなデータビジュアライゼーションやコンテンツではないことに気づかれるでしょう。

そこには、データやアナリティクスにおけるVRの現代的な応用に対する大きな疑問があります。プロはこの技術と空間をどう使うのか?

VRで解決するのか?

結局のところ、多くの期待と可能性を目の当たりにしていても、データビジュアライゼーションの世界でこの技術が本当に力を発揮するには、まだ時間がかかるということを理解しておく必要があります。VRはデータビジュアライゼーションの未来として期待されていますが、企業や大学が実際に採用するまでにはまだ長い道のりがあります。

新しい形の技術やハードウェアの革新の上に、開発者やソフトウェアエンジニアは、構築していく必要があります。 了簡  virtual experiences. Furthermore, we’re still working out ways in which virtual and augmented reality can be useful to this end. What’s the best way to allow data manipulation and 編集 in a 3D environment? How do we generate systems that allow for data imports and procedural visualization models? We’ll have to figure all that out in due time.

——–
Kolabtreeは、MIT、ケンブリッジ、オックスフォードなど、世界中の機関からフリーランスの科学者を採用できるプラットフォームです。 連絡先 今すぐ科学者と一緒に


Kolabtreeは、世界中の企業がオンデマンドで専門家を雇えるようにします。当社のフリーランサーは、企業が研究論文を発表したり、製品を開発したり、データを分析したりするのに役立っています。それはあなたが行う必要があるものを教えて、無料で専門家からの見積もりを取得するために1分だけかかります。


共有しています。

著者について

Finding an Outlet(https://www.findinganoutlet.com/)の創設者であるネイサン・サイクスは、ペンシルバニア州ピッツバーグ出身です。彼は、AI、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、その他の新興技術の最新ニュースやトレンドについて書くのが好きです。Twitter @nathansykestechでネイサンをフォローして、ビジネステクノロジーに関する最新情報を入手してください。

返信を残す