2019年に参加すべきPharma Conferencesトップ10

2

2019年は、楽しみなファーマ・カンファレンスが数多くあります。カンファレンスは、バイオサイエンスの専門家がつながりを持ち、ビジネスの糸口を見つけ、業界の重要な進展について情報を得るための素晴らしい手段です。新興の製薬会社にとっては、自分たちの研究を世界に向けて発表する機会となるため、その可能性はさらに大きくなります。

Pharma conferences provide a platform for industry insiders, regulatory professionals, ヘルスケア advocates and researchers to engage and potentially collaborate. With companies increasingly outsourcing their work to フリーランスの科学者のリモートチームを採用しています。 臨床研究 and working across borders to bring new products to the market, it is essential to be up to date with the way the workforce has evolved. These events typically offer the opportunity to engage in conversations on crucial developments in therapeutics, new 医薬品開発 challenges, novel drug discovery pathways, while industry leaders present groundbreaking advancements that point the way forward.

ここでは、2019年に参加すべきトップ・ファーマ・カンファレンスを簡単にご紹介します。

1.EDQM-USP「13th International Symposium on Pharmaceutical Reference Standards」(2019年3月13日~14日、ストラスブール、フランス)

医薬品標準物質は、医薬品の開発・製造において重要な役割を果たしており、その品質管理には欠かせません。本シンポジウムでは、標準物質の製造、特性評価、使用に携わる関係者が一堂に会し、原薬や医薬品の製造に関わるさまざまな問題について意見交換を行います。が行われます。 EDQM-USP国際シンポジウム「医薬品標準物質」について is an amazing opportunity to connect with GLP-certified laboratories, GMP-compliant API manufacturers, レギュラトリー・アフェアーズ executives from Europe, Asia, and North America as they participate in discussions on biomanufacturing reference standards and quality control.

2.ASCPT 2019年年次総会(2019年3月13日~16日、ワシントンDC)

医薬品開発の中核となるのは、薬剤化合物の薬理学的特性を評価することです。近年、作用部位に直接送達される薬剤の生理学的根拠に基づくPK(PBPK)モデリングの進歩により、この科学分野は医薬品メーカーにとって注目の的となっています。の主な目的は ASCPTアニュアルミーティング2019 is to aid in advancing 製品開発 strategies for quicker time-to-market by identifying the most efficient bioequivalence (BE) studies of interest. This is going to be the arena where pharmaceutics and pharmacology researchers present some big drug discoveries that will tell where the future of drug discovery and molecular modeling is headed.

製薬会社の専門家にとって「最高のビジネス開発イベント」と言われる最も注目度の高い製薬会社のカンファレンスの一つ。 DCATウィーク は、Drug, Chemical & Associated Technologies Associationが主催する医薬品ビジネスの展示会です。業界の伝説的なファーマカンファレンスの一つであるだけでなく、ノーベル賞受賞者や大手製薬会社のCEO、投資家、製薬会社の重要な意思決定を行うリーダーが基調講演を行うことでも注目されています。DCAT Week 2019 Central Park Run」の登録受付を開始しました。 sponsored by Teva API。

まもなくワシントンで開催される 医薬品コンプライアンスコングレス2019 where pharmaceutical compliance and legal professionals will gather to address ongoing struggles of biopharma companies. The key speakers at the event this year include Bryant Aaron, VP, Chief Compliance Officer, Novartis Pharmaceuticals; Sujata Dayal, Vice President, Health Care Compliance and Privacy, Johnson & Johnson; and Debbie Walters, VP and Assistant General Counsel, Pfizer. Registrations are open through the website as well as email for pharmaceutical, biotech, and legal professionals.

製薬業界の一つである リーディングビジネスイベント, CPhI North Americaは、アメリカの医薬品サプライチェーンの点と点を結ぶことで最もよく知られています。このイベントでは、製薬企業のプロフェッショナルがネットワークを構築することが重要ですが、CPhIでの業界のベテランによるプレゼンテーションに参加することも、このイベントの重要な側面です。ニッチな治療法の紹介や、医薬品不足、製品の品質、活性物質の製造、そして忘れてはならない医薬品の研究開発の費用対効果など、製薬企業の強者たちが科学的な武器を使って説明してくれるのをぜひ体験してください。

READ ALSO  EU MDR準拠のための臨床評価。5つの行動指針と注意点

のです。 ASCO年次総会 discusses the latest developments in the world of オンコロジー from clinical, regulatory and patient access standpoints. This event is commonly flocked by academic scholars, emerging biotech companies, big pharma players, early stage and late stage oncology companies and helmed by some prolific industry leaders.

ASCOは、腫瘍学の現在の課題、規制決定の進展、がん治療への患者のアクセス向上などについての活発な議論を目の当たりにできる最高の場です。現在、ミーティング、展示会、セミナーの登録が開始されています。このイベントは、イーライリリーが支援しているConquer Cancer Foundationがスポンサーとなっています。

欧州で最近始まった業界イベントの一つ。 デジタル・ファーマ・ヨーロッパ は、デジタルマーケター、ソフトウェア製品開発者、ブランディングの専門家、データサイエンティスト、アプリケーションサイエンティスト、創薬科学者、製薬企業の経営者が共通のプラットフォームを提供します。このイベントは、臨床データ管理、実世界のエビデンス、データの安全性、プライバシーについて議論する理想的なプラットフォームです。ヨーロッパのバイオファーマの全体的な変革に影響を与えている、製薬業界のデジタル・ディスラプションの波を測る場でもあります。2019年は第11回目の開催となり、メルクセローノがスポンサーの一社として参加します。

製薬会社のカンファレンスは、医療におけるイノベーションと薬事に関する議論が同時に行われる場です。規制当局との会議に出席することは重要ですが、製薬企業の経営者は、製品の品質、医薬品製造の指針、規制当局の意思決定を支配する複雑さなどについて話し合うことに多くの時間を費やしています。

Organization for Professionals in Regulatory Affairsが主催する TOPRA年次シンポジウム2019 は、アイルランドのHealth Products Regulatory Authorityの協力を得て開催されます。医療機器、ヒトおよび動物用医薬品、先進的な治療法に携わる規制当局の専門家が一堂に会する場です。今年の特徴は、薬事規制の未来と規制上の意思決定に関するセミナーです。

ESMO Annual Meetingは、臨床医、患者支援者、ジャーナリスト、製薬会社の中小企業経営者などが一堂に会する、ヨーロッパで最もトレンドのある医薬品イベントのひとつです。このグローバルな舞台では、専門家が業界のベテランとコラボレーションしたり、参加したりすることができるだけでなく、ディスカバリーステージにある企業をより多くの人に知ってもらうことができます。

今年は 欧州医療用腫瘍学会(ESMO)2019年大会 は、分子マーカー、ベクターを用いた治療法、薬物分子の発見における倫理的問題などに関する特別セミナーを開催します。日付を保存し、ESMO Annual Meeting 2019への訪問を計画して、目まぐるしく変化するオンコロジーの世界に対応しましょう。

その中で述べられているように 2019年版, The Financial Times’ Annual FT Global Pharmaceutical and バイオテクノロジー Conference “brings together the industry’s top executives and visionaries to explore the latest trends from biosimilars to digital therapeutics to next-generation 神経科学 and diagnostics set to reshape the industry far into the future.” This event offers spectators the chance to de-learn, discover and decode the transformative journey of the pharmaceutical industry. It is the best platform for emerging pharma startups to get connected with investors, public relations professionals, biopharma industry veterans and the far-reaching stalwarts of academic institutions.

私たちが見逃してしまったファーマ・カンファレンスをご存知ですか?コメントでお聞かせください。

を採用したいと考えています。 臨床研究コンサルタント または メディカルライター?Kolabtreeでは、数千人のフリーランスの科学者から選ぶことができます。

関連する専門家 

発生生物学 | 薬物相互作用


Kolabtree helps businesses worldwide hire freelance scientists and industry experts on demand. Our freelancers have helped companies publish research papers, develop products, analyze data, and more. It only takes a minute to tell us what you need done and get quotes from experts for free.


Unlock Corporate Benefits

• Secure Payment Assistance
• Onboarding Support
• Dedicated Account Manager

Sign up with your professional email to avail special advances offered against purchase orders, seamless multi-channel payments, and extended support for agreements.


共有しています。

著者について

マハスウェータは、フリーランスのメディカルライター、サイエンスコミュニケーターとして、技術文書、ブログ記事、ニュース記事の作成に携わっています。根っからのバイオテクノロジー研究者で、組織工学、医療用画像処理装置、工業用微生物学の研究経験があります。また、Elsevier、Wolters Kluwer Health、Royal Society for Chemistryなどの雑誌の編集者としても活躍しています。

2件のコメント

  1. 米国でこの秋に開催される薬学カンファレンスをお探しの方は、2019年11月4日から6日まで、メリーランド州ノースベセスダで開催されるGRx+Biosims 2019にご参加ください。GRx+Biosimsは、米国のジェネリック医薬品およびバイオシミラー業界のための科学的・規制的なプレミアイベントで、技術、規制、政策、法律の専門家に関連するタイムリーなプログラムが用意されています。このイベントでは、各分野のトップレベルの関係者や専門家の話を聞き、知識やベストプラクティスを共有し、規制プロセスの承認や進化する政策状況をナビゲートするための洞察を得ることができます。詳細は以下のサイトをご覧ください。 https://www.grxbiosims.org/

  2. "20th Annual Meet on Pharmaceutical Sciences"
    カンファレンスシリーズでは、2020年5月10日~11日に日本の横浜で開催される「20th Annual Meet on Pharmaceutical Sciences」に世界中から参加者をお招きし、「Exploring the innovations leading to change the Pharmacy」をテーマに開催します。
    本会議は、ジェネリック医薬品業界の「生産者」と「消費者」が一堂に会し、マルチチャンネルのコミュニケーションプラットフォームを提供する2日間の特別イベントです。会議では、基調講演、口頭発表、ポスター発表、展示が行われます。このイベントは、研究者、科学者、代表者が経験を共有し、産学連携のポスターを作成し、世界中の新技術を評価するための完璧なプラットフォームです。
    カンファレンスシリーズ株式会社は、1000以上の科学協会の支援を受けて、アメリカ、ヨーロッパ、アジアで1000以上のグローバルイベント(1000以上のカンファレンス、500以上の今後および過去のシンポジウムやワークショップ)を開催し、500人以上の著名人や評判の高い科学者を編集委員として含む700以上のオープンアクセスジャーナルを発行しています。
    ウェブサイトです。
    https://drugs.pharmaceuticalconferences.com/
    https://drugs.pharmaceuticalconferences.com/abstract-submission.php
    https://drugs.pharmaceuticalconferences.com/registration.php

返信を残す