2020年に参加すべきバイオテクノロジー関連のトップコンファレンス

0

マハスウェータ・パル フリーランスのサイエンスライター on Kolabtree, writes about the top バイオテクノロジー conferences in 2020 happening around the world.  

Recently, the world of biotechnology scored incredible leaps of progress. From CRISPR babies to gene therapy, waves of advancements rocked the business world. However, the discussions on ethics and regulations in biotechnology research did not die down. Vigilance, clinical practice guidelines, commercialization challenges, pricing of cell therapies, and so on — the agendas are overflowing for 2020. However, the bright side is, the crucial questions that remained unanswered until 2018 showed signs of certainty as 2020 dawned in. CRISPR regulations became definite and universal; the バイオエシカルな問題に対する待望の規制措置 が取り上げられました。

In such a dynamic time, the pace of the industry is something that a biotechnology researcher should not miss. Some of the biggest biotechnology industry events are slated for 2020, which promise a spectacle of groundbreaking developments. You could attend trade fairs exhibiting neurological research that could become the platform for wearables tomorrow. Similarly, at premier 分子生物学 conferences lined up, novel signaling pathways would be showcased, which are potential drug targets for tomorrow. Biotech researchers may attend not one, but at least three conferences.

そこで、2020年に世界で開催されるバイオテクノロジー業界のイベントの中から、最も期待されているものを紹介します。 フリーランスの科学者老若男女問わず、ぜひ参加してみてください。

1.プレシジョン・メディシン・ワールド・カンファレンス2020(2020年1月21日~24日|米国カリフォルニア州サンタクララ市

This conference offers the biggest platform dedicated to personalized medicine, hosting 2500+ industry persons from 35 countries. Participants can enjoy 400+ presentations, the key one being by Richard Schilsky (American Society of Clinical 腫瘍学). Not to forget, sessions by award-winning scientists, Phillip Greenberg (Fred Hutchinson Cancer Research Center) and Micheal Synder (Stanford Center of ゲノミクス and Personalized Medicine), who would be discussing successful clinical genomics programs, immuno-oncology, and converting health data into medical products. Currently, early-bird registrations of different capacities are available, ending on Jan 8, 2020.

2.PREDiCT: Tumor Models San Francisco Summit 2020 (2020年1月22日~24日|カリフォルニア州サンフランシスコ)

The 4th Annual PREDiCT: Tumor Models San Francisco Summit 2020 continues to serve the immuno-oncology community regarding preclinical profiling through a robust selection of PDX mouse models. Scientists exploring the potential of 3D models are invited to present their findings, which help the community remain abreast of the advancements and challenges in preclinical and translational research. The comprehensive 3-day agenda concludes with keynote speeches by Chung-Wein Lee (Celgene), Jaeho Jung (ABL Bio), and Erin Riegler (Chimera Bioengineering). 登録内容 は、様々な価格設定で進行中です。

3.ウイルス2020-ウイルス学の新しいコンセプト (2020年2月5日~7日|バルセロナ、スペイン)

Viruses are the carriers of lethal infections, while also being the most used micro-organism models. Viruses 2020 follows previous meetings of virologists on Virus replication and host-virus interactions, organized by the MDPI journal. Particularly, for 2020, the conference themes are virus pathogenesis, antiviral innate immunity, and viruses of gastrointestinal pathologies. Therefore, the event calls upon virologists to showcase novel research in molecular and cell biology, 構造生物学, immunology, 疫学としています。 bioinformatics. for the 3-day event. Invited speakers include Rosa M. Pintó (Enteric Virus Laboratory, University of Barcelona), Dr. Martin Beer (Institute of Diagnostic Virology, Friedrich-Loeffler-Institut, Greifswald – Insel Riems, Germany), and Dr. Stacy M. Horner (Center for RNA Biology, Duke University Medical Center, NC, USA). Registrations are open, including early-bird reservations and covering author registrations.

4.Cancer Care At The Crossroads Summit 2020 (2020年3月27日|ニューヨーク)

The New York Genome Center is bringing together ヘルスケア providers, stalwarts from academia, genomics companies, and advocacy groups on a grand platform. Cancer At The Crossroads features talk shows with participation from global investors, regulators, researchers, and influential industry folks. In additon, scintillating workshops cater to pertinent issues in cancer biology, novel cancer treatments, advancements in cancer screening. Moreover, the various research symposiums keep attendees informed on the near forthcoming shifts within the industry, and the directional changes for cancer research. At the 2020 edition, the keynote speakers include Mace L. Rothenberg (Pfizer) and Clifford Hudis (American Society of Clinical Oncology). As the registrations close after selecting just 100 applicants, you probably have to register early!

5.JAK-STAT Pathways in Health & Disease (2020年4月6日|ニューヨーク州ロングアイランド)

このイベントでは、JAK-STAT阻害とがんとの関連性に関する先駆的な研究が紹介されます。この会議では、Jak-STATシグナル伝達経路に関連するメカニズム、変異、およびメタボロミクスに焦点を当てたアブストラクトを発表する研究者を募集しています。いつものようにCold Spring Harbor Laboratoryで開催されます。NIHのJohn O'Shea氏による基調講演がこのイベントのハイライトですが、Dana-Farber Cancer InstituteのDavid Frank氏やThe University of Texas MD Anderson Cancer CenterのDavid Tweardy氏など、受賞歴のあるプレゼンテーションも期待できます。参加登録はイベント当日まで受け付けていますが、アブストラクトの提出は2020年1月17日までとなっています。

6.Epigenetic Pathways and Human Disease Conference 2020(2020年4月30日~5月3日|ギリシャ・チャニア

One of the less explored areas of genetic research, epigenetics remains an area for unlocking mechanisms for rare diseases and cancer. Abstracts are invited on topics including DNA and histone modifications, aberrant epigenetic regulation, neuroepigenetics, and epitranscriptomics. Of note, the theme for discussion is pathogeneses of various brain disorders, while attendees can listen to lectures on Chromatin, RNA, and DNA regulatory pathways and utilizing epigenetic data for drug discovery. Registrations are on, and participants can utilize early-bird discounts on entry, poster submissions, and workshops. Doctoral and post-doctoral researchers are encouraged to attend, while invited speakers include Anne Brunet (Stanford University) and Karen Adelman (Harvard Medical School). 登録内容 は、2020年3月8日に終了します。

READ ALSO  オックスフォード大学で行われているCOVID-19ワクチンの試験の様子

7.EuroSciCon Conference on Biotechnology & Bioengineering (May 6-7, 2020|Stockholm, Sweden)

この豪華な業界イベントは、バイオエンジニアリングとバイオマニュファクチャリングに焦点を当てており、科学者、学術関係者、研究グループ、資金提供団体などが参加します。このイベントでは、発酵技術、海洋バイオテクノロジー、バイオエンジニアリング市場の可能性、バイオマテリアル、バイオセラピューティクス、ナノバイオテクノロジー、タンパク質工学などのトピックに関するアブストラクトを募集しています。すでに登録が始まっているこのイベントでは、若手研究者向けのシンポジウムやワークショップが多数開催されます。また、毎年多くの聴衆が集まりますが、2020年のEuroSciConでは、画期的な研究成果をあげた科学者や組織を表彰することも計画しています。現在、主催者は大規模な研究グループを対象に、登録料を25%割引しています。 今すぐご覧ください。

8.世界バイオセンサー会議2020(2020年5月26日~29日|韓国・釜山市

この会議は、30年以上にわたり、学術関係者、政府機関、バイオテクノロジー関連の中小企業のネットワーキング、ビジネス開発、同業者間の交流のニーズを満たしてきました。この会議では、様々な研究者や業界から影響力のある代表者が集まり、生化学センサー、生物電気デバイス、バイオエンジニアリングの応用について話し合われます。発表した研究者には、1ヶ月後に登録が開始され、その研究内容が出版されるチャンスがあります。

9.Clinical and Translational Biomarkers(2020年6月2日~4日、マサチューセッツ州ボストン

Essentially, the 3-day conference presents various training sessions and workshops on clinical applications of biomarkers. Currently, 臨床試験 are being designed using disease-specific biomarkers. This conference aims to train and award young scientists on liquid biopsies and genomic biomarkers. Workshops have been designed to prepare researchers for solving problems in precision medicine. Secondly, attendees can visit seminars on Disease Modeling, Immuno-Oncology Biomarkers, and New Small Molecule Drug Targets. Most importantly, attendees can 登録 を早期割引価格で購入し、2020年4月24日までにポスターアブストラクトを提出してください。

10. AlgalBBB 2020(2020年6月14日~17日|ペンシルバニア州ピッツバーグ市

2020年は、第10回AlgalBBB(International Conference on Algal Biomass, Biofuels and Bioproducts)が開催され、バイオ燃料や農業技術の最新動向が注目されます。バイオマスの生産、栽培、バイオリファイナリー、燃料への変換、持続可能性の分析などに重点を置き、幅広い分野の科学者や技術者が藻類の新しい研究を発表する予定です。また、海藻システム、バイオマテリアル、フォトバイオリアクターの設計、制御システムなど、藻類に関する最新の研究成果が著名な研究者によって発表されます。 アブストラクトの提出 そして 登録受付中特にAlgal Research誌への掲載を目指している研究者の方におすすめです。

11.健康と疾患における腸管幹細胞-ニッチ・インタラクション会議 (2020年7月17日~20日|リスボン、ポルトガル)

消化器系の悪性腫瘍が多発していることから、腸管幹細胞への関心が高まっている。しかし、研究者たちは、腸管幹細胞の作用に影響を与える小腸環境と大腸を明らかにするために、あらゆる手段を講じています。このイベントでは、研究者や業界のリーダーたちが、ヒト多能性幹細胞由来の消化管オルガノイド、制御不能の消化管オルガノイド、消化管内視鏡などを発表する場を提供します。 ISC behavior causing gastrointestinal disease, spatial transcriptomics of the small intestine, and the like. The impressive list of speakers includes Heinrich Jasper (Genentech), Marcia Haigis (Harvard Medical School), and Shalev Itzkovitz (Weizmann Institute of Science), among others. Registrations start on Jan 31, 2020, and poster submissions will run up to May 20, 2020.

12.癌のメカニズムとモデル(2020年8月11日~15日|ニューヨーク州コールド・スプリング・ハーバー)

癌の研究は、ここ数年で飛躍的に進歩した。しかし、腫瘍形成の基本的なメカニズムやモデルは刻々と変化しており、あまり解明されていないため、継続的な研究が必要とされています。このイベントでは、構造生物学、ゲノミクス、異質性、癌の進化などの研究成果を紹介することで、癌のさまざまな側面を紹介するプラットフォームを研究者に提供します。また、がんの代謝、腫瘍の免疫学と免疫療法、増殖、生存シグナルなどの興味深いセッションも予定されています。登録およびアブストラクトの提出は、2020年5月22日まで受け付けています。

13.BIO世界会議(2020年9月21日~24日|ノースカロライナ州ローリー市)

バイオテクノロジー業界にとって重要なイベントのひとつであるBio World Congressは、10年以上にわたり、バイオマニュファクチャリングや農業技術に携わる科学者や経営者を魅了してきました。バイオワールドコングレスには、主に動物バイオテクノロジーの専門家、バイオハザードの専門家、環境保護活動家、食品科学者、植物や種子の研究者、バイオマニュファクチャリングのベンダーなどが参加しています。このイベントは、農業技術や食品科学の分野で新製品を発表するためのプラットフォームとして注目されています。さらに、参加者は、動物細胞モデル、がん細胞株、マイクロアレイのメーカー100社以上の展示を見学することができます。この会議は、以下の団体が主催しています。 バイオテクノロジー革新機構 (BIO)は、アメリカのバイオテック界の有力者が集まる場所です。忘れてはならないのは、参加者は、"BIO "のために大きな計画を立てることができるということです。One on One Partnering"の機会を提供しています。

2020年に開催されるバイオテクノロジー関連の会議を見逃していると思いますか?下記のコメント欄にご記入いただければ、リストに追加いたします。

の助けを求めています。 フリーランス・バイオテクノロジスト それとも研究者?Kolabtreeで経験豊富な科学者と仕事をしてみませんか?あなたのプロジェクトを投稿し、見積もりを得ることは無料です。

関連する専門家 

バイオインフォマティクス・フリーランサー | 植物遺伝学 | 発生生物学 | 遺伝子治療 | 幹細胞 |
DNAシークエンスデータの解析 |動物遺伝学 | 薬物相互作用 | 遺伝学・ゲノミクス 

 


Kolabtree helps businesses worldwide hire freelance scientists and industry experts on demand. Our freelancers have helped companies publish research papers, develop products, analyze data, and more. It only takes a minute to tell us what you need done and get quotes from experts for free.


Unlock Corporate Benefits

• Secure Payment Assistance
• Onboarding Support
• Dedicated Account Manager

Sign up with your professional email to avail special advances offered against purchase orders, seamless multi-channel payments, and extended support for agreements.


共有しています。

著者について

マハスウェータは、フリーランスのメディカルライター、サイエンスコミュニケーターとして、技術文書、ブログ記事、ニュース記事の作成に携わっています。根っからのバイオテクノロジー研究者で、組織工学、医療用画像処理装置、工業用微生物学の研究経験があります。また、Elsevier、Wolters Kluwer Health、Royal Society for Chemistryなどの雑誌の編集者としても活躍しています。

返信を残す