研究者はなぜ孤立して働くのか?

0

There is a common stereotype of リサーチ scientists working in isolation. Unfortunately, this is more true than it needs to be. It is especially surprising given how well connected we are today between our smartphones and various ソーシャル メディア apps. There is still a surprisingly low level of constant コミュニケーション うち 研究者 both within a lab and between labs. In fact there are several 研究 (like this one and this one) that show that the internet has basically no impact on research collaboration and productivity! Isn’t that amazing?!

その理由は、大きく分けて3点考えられます。

Lack of willingness to share ‘confidential’ インフォメーション
誰も答えを知らないという信念
会議・打ち合わせの待ち時間

物理学者がarXivを使ってプレパブリッシュするように、様々な分野でこれらの障壁を克服する方法が可能になっています。

研究員

残念ながら、研究者はこうした議論に固執することが多いのですが、現在、twitterやブログを通じて発見を社会化しようという動きが少しずつではありますが、広がってきているようです。これらはまだ始まったばかりですが、今後も発展していくことを願っています。

On the flip side the internet has had major impact in the ability to publish open-access work (PLOS, arXiv) find published work (Google Scholar), and is now enabling very easy contract research work (ScienceExchange) or even robotic labs accessible via the internet (Emerald Cloud Lab). Hopefully, the number of companies and tools out there enabling a superior scientific workforce continues to grow!

Rishabh Jain, PhD, MIT, is the CEO of OpenLab. This 記事 originally appeared on ブログオープンラバップドットコム.


Kolabtreeは、世界中の企業がオンデマンドで専門家を雇用できるよう支援します。私たちのフリーランサーは、企業が研究を公開するのを助けてきました。 書類開発 製品データ分析など1分ほどで、お客様のご要望をお聞かせいただき、専門家によるお見積りを無料でお受けしています。


共有しています。

著者について

返信を残す