博士の専門知識を業界が最大限に活用しているか?

0

While the industry keeps pointing out to the lack of qualified talent, we continue to see various analysts pointing out the exact reverse - 科学者は余っている. As the debate rages on, PhDs and postdocs seem to be taking the bearing the brunt since a very percentage of them end up getting plum positions in academia. Some are lucky enough to get good jobs in the industry, whereas others end up toiling as a low-paid lab hand (read as postdocs). The graph below illustrates this point quite well.

ポスドクの給料

 

企業は、業界のための適切な博士号の専門知識の可用性については依然として懐疑的である。しかし、ビジネスの進め方を劇的に変えることのできる優秀な博士号取得者を、業界はおそらく失っているのです。優秀な博士やポスドクがいれば、すぐにでも考え方を変えることができるでしょう。

An example might help in making my point a bit clearer. You’ve always believed that every time an application on your smartphone tries to access your location, you’re alerted and the feature is enabled only once you give an explicit go ahead. We’re quite cautious about our プライバシー and turn off this feature on most occasions. However, Yan Michalevsky and a few of his pals at Stanford University in California have now proved that we actually carry the technology to be tracked right in our pockets. It turns out that a smartphone’s けんせい usage depends largely on the distance from the nearest base station.

Yanらは次のことを証明しました。 悪意のあるソフトウェアがスマートフォンの位置を特定できる 電力の使用方法を測定するだけで。数人の優秀な博士号を持つ専門家によって導入された異なる角度からのアプローチが、プライバシーに関する見方を変えることができるのは驚くべきことです。業界が注目する時が来たのです。AndroidとiOSの権力者たちは耳を傾けているだろうか?


Kolabtreeは、世界中の企業がオンデマンドで専門家を雇用できるよう支援します。私たちのフリーランサーは、企業の出版を支援してきました リサーチ 書類開発 製品データ分析など1分ほどで、お客様のご要望をお聞かせいただき、専門家によるお見積りを無料でお受けしています。


共有しています。

著者について

MinhajはKolabtreeのオペレーションを管理しています。

返信を残す