データ分析。中堅・中小企業にとってのメリットと課題

0

情報が氾濫している今の時代、企業にとっては、市場の動きを把握し、消費者の行動を理解し、それに基づいて意思決定を行うことが重要です。ユーザーの行動に関する情報は以前にも増して多くなっていますが、企業が情報に基づいた意思決定を行う機会はこれまであまり多くありませんでした。膨大な量のデータがあるからこそ、データ分析は成長企業にとって不可欠なツールとなっているのです。

ビジネスが起業家の直感で動いていた時代は終わりました。現在では、最も単純な決定から最も複雑な決定まで、データが後押ししています。 データ分析 は、企業が今後の消費者動向を理解するのに役立つだけでなく、検証されたビジネスインテリジェンスを得ることでリスクを軽減することができます。また、過去のデータセットを分析することで、予算やトレンドの予測、採用の意思決定、リソースの最適化などに役立ちます。

データアナリティクスが企業にとっていかに重要であるかは、前者からも理解できます。 マイクロソフトCOOのボブ・ハーボルドの声明 の一方で、母校であるクリーブランドのケース・ウェスタン・リザーブ大学にデータサイエンスプログラムを立ち上げるために160万円を寄付しました。同氏は、「データを評価して活用する能力は、常に組織の成功に不可欠な要素です。しかし、業務や成果を向上させるために、今日存在する可能性は無限に近いものがあります。データがどのように機能し、何をもたらすのかを理解している人は、新しい経済の中で大きなアドバンテージを持つことになるでしょう」と述べています。

さらに、マッキンゼーの試算によると、データをより効果的に活用することで、米国では医療費だけで$3000億円の削減が可能とのことです。同様に、あらゆる分野で無限の可能性があり、その節約効果は膨大なものになるでしょう。ただし、今回の発表にあたり、ケース・ウェスタン・リザーブ大学は、米国では利用可能なデータが急速に増加しているため、最大で19万人のディープアナリティクス従事者と150万人のデータ専門知識を持つ管理職が不足していることも指摘しています。

データ分析のサブジェクト・マター・エキスパート

この分野では人材が不足しているため、企業がデータを分析することで得られる可能性のある利益が損なわれる可能性があります。多くの中小企業では、正社員を雇用することができないため、この問題はさらに深刻化しています。 データアナリティクスエキスパート.

しかし、希望の光が見えてきました。ニューエコノミーは、ビジネスの原則を再定義しました。アウトソーシングは廃止され、オンデマンドが登場しました。オンデマンドでのアクセスは ベスト・エキスパート のビジネスにおいては、企業が迅速にスケールアップまたはスケールダウンすることで、変化する顧客の要求に柔軟に対応することができます。そのためには、専門家やデータアナリストへのアクセスを提供するプラットフォームが重要な役割を果たします。

中小企業の経営者の皆様から、データ分析によってどのように情報に基づいた意思決定やビジネスインテリジェンスの開発ができたか、詳しくコメントをいただきたいと思います。また、データアナリティクスの専門家の方は、データアナリティクスを導入して、直感に頼らずにデータにリンクした意思決定ができるようになったシナリオの例をご紹介ください。


Kolabtreeは、世界中の企業がオンデマンドで専門家を雇えるようにします。当社のフリーランサーは、企業が研究論文を発表したり、製品を開発したり、データを分析したりするのに役立っています。それはあなたが行う必要があるものを教えて、無料で専門家からの見積もりを取得するために1分だけかかります。


共有しています。

著者について

MinhajはKolabtreeのオペレーションを管理しています。

返信を残す