拍手というテクネの手だけがどこへ行くのか?

0

ジェレミー・ホーン博士は、テクノロジーと「作る」ことが主流の世界において、理論的な研究と「考える」ことの重要性について執筆しています。研究や執筆のプロジェクトのために彼に相談する これ

テクノロジーへのこだわりは、私たちの世界を支配しているように見えます。 出版社、学校、メディア、そして労働者と雇用者が出会う場では、ガジェット、「機能」、そして華やかさに焦点が当てられています。 理論的な研究を求める声は稀で、「ブルースカイ」と呼ばれることもありますが、軽蔑されています。ほとんどの学校のカリキュラムでは、哲学が必修科目として取り上げられていません。 提案書や研究助成金の要請は、考えることよりも物を作ることに多く見られます。もっと大きなところでは、地球を救うための環境規制が「経済」に与える影響についての抗議を耳にします。 環境がなければ、この聖なる「経済」は存在しないことを忘れてはならない。

テクノロジーは、生活を楽にしたいという人間の要求に応えるものですが、きちんとした教育を受けていないと、テクノロジーの「なぜ」を理解する上でハンディを背負うことになります。  高級志向の "田舎者 "や "モラルの欠如 "に憤慨している人たちは「古き良き時代」を懐かしむかもしれませんが、勤勉な労働者は、川辺で洗濯をしたり、耕運機の馬の後ろを歩いたり、暖炉の薪を割ったりすることがどんなことかを知っています。 ポニーエクスプレスの代わりに、私たちはスマートフォンを持っています。スーパーコンピューターは、加算機よりも文字通り量子的に飛躍しています。馬は宇宙ステーションには飛ばない。

人類(特にコミュニケーション能力の低い若者)は、これらの発展を表現するために「すごい」や「かっこいい」という言葉を悲劇的に適用しますが、その下地はせいぜい真空であり、複雑さが増していくことを特徴とし、ルネ・デカルトによって動かされているだけなのかもしれません。 この17th 世紀の哲学者は、次のように述べています。 方法についての談話 何かを理解するためには、「....、検討中の困難な問題のそれぞれを可能な限り多くの部分に分割し、その適切な解決のために必要な部分に分割する」必要があるということです。割り切れるものでなければ体を考えることはできないことを示すことである。(Descartes, 1641, p.122).

細分化が繰り返された結果、一人の個人の能力を超えた管理を必要とする世界が生まれ、おそらくそのグループでさえも管理を必要とします[Homer-Dixon, 2006; Tainter, 2003]。 人は、管理のための枠組みなしに単なる詳細に直面する。賢さとは対照的に、その詳細を作成する際の賢さは、人間のニーズの評価や環境に対する人間の影響とは一致しません。  

テクノロジーに執着するという症状は、私たちが自分自身を省みないというより深い問題の証拠であり、結果的には種の自殺につながっているのです[Holocene Extinction, 2019]。  過激な結論ですか?そうです。それを回避する方法は?そうです。まず、いくつかの主要な事実を確認しましょう。

  • 知識とそれに対する技術的な対応が圧縮され、最終的には「技術的特異点」[Eden and Moor, 2012]に到達し、それを管理できないと文明が崩壊することになります。.  
  • 環境悪化はますます加速している。地球温暖化、資源の枯渇、急激な所得階層の変化がそれを証明している。これらの証拠は、私たちの種の中で、怠け者ではなく鋭い者であれば、査読付きの資料から簡単に得ることができる。 これを否定するのは、脳死状態の無学な人、政治的反動のイデオロギーを持つ人、そしてそのような劣化から利益を得ている人だけです。
  • この劣化は、「Six Great Extinction」や「Holocene Extinction」で検索するとわかるように、人類の存在そのものを脅かしている。
  • Increasing focus on technology is partly responsible for the decline in the quality education necessary to solve world problems, as well as the deterioration of quality peer review [Education quality, 2019)].  米国の成人の半数が8歳以上の文字を読めないth グレード [大人のリテラシー、2019年】!]
  • 人口過剰は、(貧困は別として)主に医療の進歩と農業技術に起因しています[Bavel, 2013]。
  • ニュースソースを見れば、人間の基本的なニーズに応えられない政府や、社会問題や環境問題の深刻化に直面している政府の無能さ、意思の欠如、あるいは単なる強欲さに対する世界的な不満が明らかになるだろう。 その結果、(テクノロジーによって)強化された人間の自己破壊能力によって、世界はより分裂したものになっています。

私たちは、今、これらの課題に適切に対応できなければ、ノーリターンのポイントに到達し[UN, 2019]、私たちはもはや種として存在しなくなるだろうと、科学者たちが語っている、いわば岐路に立っているのです。 そのような解決策はどのように現れるのでしょうか?

他の問題解決の場面と同様に、解決には3つの部分があります。 

1)問題があることを認識する必要があります。
2)被害を受けた人たちが、解決に向けて意志を固めなければならない。
3)また、効果的なものを策定することができなければならない。

しかし、決定的に欠けているものがあります。子供用の三輪車ではなく、戦車なのです。車輪は3つではなく4つ必要で、4つ目はエートスです。 私たちは、デカルトの特殊性を超えて、私たちの価値環境とその成り立ちについて考えなければなりません。 銀の弾丸」や「技術的な解決策」はありません。もっと明確に言えば、この種の人間は、鏡をじっくりと見て、「何のためにあるのか」と問わなければならないでしょう。それは、ナルシシズムや自分自身への恩返しのためでしょうか?動物にはそのような能力があります。私たちを他の種族と区別するものは何でしょうか?というのは?サピエンス"の部分があります。 ホモ・サピエンス・サピエンス

内省を怠ると、ガジェットにこだわることは、もはや私たちが存在しないため、真空状態になってしまいます。テクノロジーの発展が細部にまで及ぶと、それに伴って集中力も崩壊していきます。 スマートフォンをしつこく見続けたり、ソーシャルメディアで他人を「フォロー」したりしても、それはただのノイズであり、信号ではありません。全体は部分によって損なわれ、むしろバランスを失ってしまうのです。

それはなぜでしょうか。 技術が存在するのは、それを生み出すもの、つまり科学があるからです。 技術は、科学が生み出した理論の実践です。 トレーニングは、技術を学びたい人のためのもの。教育は、科学者のためのものです。 技術は応用に関わるものであり、科学は理論に関わるものです。しかし、この2つの極が混同されたり、トレーニングを受けている人が「教育を受けている」というように、同じ意味で使われることがよくあります。 

この2つを区別するには、古典ギリシャ時代にまで遡り、語源がヒントになります。よく見てみましょう。

  • エピステーメー

エピステーメの語源は、古代ギリシャ語で知識や科学を意味するἐπιστήμηであり、これは動詞ἐπίσταμαι(「知る」)から来ています。プラトンの用語では、エピステーメーは「正当な真の信念」のように知識を意味し、ドクサ(一般的な信念や意見)とは対照的である。知識の研究を意味するエピステモロジーという言葉は、エピステームから派生したものである。[23]

  • テクネ

"...語源は、ギリシャ語のτέχνη(古代ギリシャ語。[tékʰnɛː]、現代ギリシャ語。[ˈtexni](聞く))を語源としており、「職人技」「工芸」「芸術」と訳されることが多い。"[テックニー、2019年】。]

それぞれが存在するからこそ、他のものが存在する。 生命とはそういうものであり、それに気づくことでこの種を救うことができるのです。 というシンプルな関係を考えてみましょう。

  • アップ - ダウン
  • ホット - コールド
  • 左 - 右
  • はい - いいえ
  • 賛成 - 反対
  • ネガティブ-ポジティブ  

などと言っています。

概念的には、これらはそれぞれ、一方が熱く、他方が冷たい「tepid」のように、その間の勾配の境界を表しています。 最も重要なことは、一方がなければ他方も存在しないということです。黒板のマークが見えるのは、背景があるからです。このような理解は、反対物の統一、つまり弁証法によって行われます。  テクネ が存在するからです。 エピステーム とその逆もあります。  テクネ それだけでは内容がありません。 どちらかというと エピステーム は、それを表現するものがなければ、内容を持たない。 テクネ. もっと抽象的に言えば、個人は社会なしでは存在できず、社会は個人を必要としています。それぞれのものには文脈があり、歴史があり、なりゆきがある。その一つは他のものと関係しており、動的であり、それぞれの器官が生物の生命に貢献するという有機性の基礎を形成しています。臓器がお互いに競争するのではなく、協力し合うように、個人も個性を維持できるような全体としての協力関係があって初めて生きていけるのです。

テクネはエピステーメーのために存在し、その逆もまた然り。

We need to realize the co-equality of the episteme with the techne, but this lesson extends to human enablement of the two. I propose the following. For every article, news item, or discussion about the latest technological advance, there should be a corresponding treatment of the non-material reason underscoring it. How is the latest “upgrade” to computer software an enhancement of understanding ourselves? Or, is mere commercial interest the reason? If the latter, we had better pay attention to the consequences, as in strain on the environment, income stratification (as in how to produce these “novelties” humanely, as well as economically), and who really benefits and why. 

テクノロジーに声援を送るなら、サイエンスにも拍手を送らなければなりません。  そのためには、自分自身への反省と、そこから生まれる高邁な倫理観が軽やかな文脈でなければなりません。

参考文献 

(すべてのウェブサイトは2019年11月22日にアクセスしました)

1.大人のリテラシー(2019年)。 リテラシープロジェクト財団(2019).  http://literacyprojectfoundation.org/community/statistics/  

2.Van Bavel J. (2013).世界の人口爆発:原因、背景、そして未来への予測。 ObGynにおける事実、見解、ビジョン, 5(4), 281-291. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3987379/

3.Eden, Amnon H.; Moor, James H. (2012).Singularity hypothes:A Scientific and Philosophical Assessment.Dordrecht: Springer. pp.1-2. ISBN 

4.教育の質(2019年)。例 

5.エピステーメ(2019年)。  http://en.wikipedia.org/wiki/Episteme 

6.Holocene Extinction(2019年)です。 文献のほんの一部を紹介します。 Ripple WJ, Wolf C, Newsome TM, Galetti M, Alamgir M, Crist E, Mahmoud MI, Laurance WF (2017年11月13日). "世界の科学者による人類への警告。第二の通知" (PDF)をご覧ください。 バイオサイエンス. 67 (12): 1026-1028. ドイ:10.1093/biosci/bix125; Ceballos, Gerardo; ポール・R・エールリッヒ(Ehrlich, Paul R. (2018年6月8日)."The misunderstood sixth mass extinction"(誤解された第6次大量絶滅)。 サイエンス. 360 (6393): 1080-1081. ドイ:10.1126/science.aau0191. OCLC 7673137938. PMID 29880679; Dirzo, Rodolfo; Young, Hillary S.; Galetti, Mauro; Ceballos, Gerardo; Isaac, Nick J. B.; Collen, Ben (2014). "アントロポセンにおけるデファウンデーション" (PDF) をご覧ください。サイエンス 345 (6195): 401-406. Bibcode:2014Sci...345...401D. ドイ:10.1126/science.1251817. PMID 25061202; Pimm, S. L.; Jenkins, C. N.; Abell, R.; Brooks, T. M.; Gittleman, J. L.; Joppa, L. N.; Raven, P. H.; Roberts, C. M.; Sexton, J. O. (30 May 2014). "種の生物多様性とその絶滅率、分布、保護について" (PDF) をご覧ください。サイエンス 344 (6187): 1246752. ドイ:10.1126/science.1246752

7.Homer-Dixon, Thomas (2007). ダウンのアップサイド: 大惨事、創造性、そして文明の再生.ワシントンDC:アイランド

8.Tainter, J. A. (2003).  複雑な社会の崩壊. ニューヨーク&ケンブリッジ(英国)。

9.テックン(2019年)。  http://en.wikipedia.org/wiki/Techne

10. UN (2019).  World ‘Nearing Critical Point of No Return’ on Climate Change, Delegate Warns, as Second Committee Debates Sustainable Development.. 総会 第二委員会第73期第12・13回ミーティング(午前・午後)   https://www.un.org/press/en/2018/gaef3500.doc.htm 


Kolabtreeは、世界中の企業がオンデマンドで専門家を雇えるようにします。当社のフリーランサーは、企業が研究論文を発表したり、製品を開発したり、データを分析したりするのに役立っています。それはあなたが行う必要があるものを教えて、無料で専門家からの見積もりを取得するために1分だけかかります。


共有しています。

著者について

Ramya Sriramは、科学者のための世界最大のフリーランス・プラットフォームであるKolabtree (kolabtree.com)で、デジタルコンテンツとコミュニケーションを管理しています。出版、広告、デジタルコンテンツ制作の分野で10年以上の経験があります。

返信を残す