サイエンスコンテンツ開発者とは?

0

Learn how a サイエンスコンテンツ開発者 は、教育教材やSTEMリソースのための高品質なコンテンツ作りをサポートします。

サイエンスコンテンツ開発者とは?

A science content developer creates or adapts learning materials for students, typically in middle school and high school. The subjects of the materials can range from astronomy to zoology, but some topics are more common than others (for example, biology). Materials may include textbooks, workbooks, videos, original art, lesson plans for educators (sometimes called standards-based curricula), and testing materials. These materials are used by educators who teach science to their students, typically in a classroom setting.

彼らは何をしているのか?

In science content development, science is broken into its disciplinary components and those components are organized into a curriculum. The science content developer will identify what information needs to be taught as part of the science standards, as well as how it should be taught. Science content developers create materials that meet this need, which means developing content in a way that is accessible to students at their grade level and also addresses the science standards they must learn for 状態 testing requirements. After science content has been created, it’s always tested for effectiveness before being released to educators.

サイエンスコンテンツ開発者に必要なスキルとは?

サイエンスコンテンツ開発者は 科学専門家. They also have a wide variety of skills that they use to develop science content: scientific knowledge, writing expertise, instructional 了簡 skills, art and science illustration skills, ビジュアル literacy/graphic design skills, technology chops (for science education that leverages the web), an understanding of the latest educational research on how students learn science best…the list goes on. In general, science content developers are “science generalists” who typically do not have degrees in science education or science teaching. Instead they may have degrees in sciences such as biology or environmental studies or ジオロジー または 物理学. Some science content developers will also have arts and humanities backgrounds as well. And many science content developers combine a science degree with science education coursework and/or science teaching certification.

科学コンテンツの開発はどこで行われているのでしょうか?

科学コンテンツ開発者は、大学、博物館、非営利団体、幼稚園など、さまざまな機関で働いているため、勤務地は1つではありません。科学コンテンツ開発者の大半は、教室の外で、研究職や出版社の科学部門で働いています。しかし、科学コンテンツ開発者の中には、自社の製品を高校の教室で使用するために、教育者向けの専門的な学習機会を開発することに取り組む人が増えています。

サイエンスコンテンツ開発者の仕事

科学コンテンツ開発者は、あらゆる地域、さまざまな業界で活躍しています。科学教育の学士号から博士号までを取得できる大学や、出版社の科学部門、科学関連の非営利団体などで働くことができます。また、科学に関連したテストや教材を提供する評価会社で、科学コンテンツ開発者を見かけることもあります。その他の科学コンテンツ開発者は、学区内で州の科学基準を満たす科学学習教材を開発することもあります。

Science Content Developers are employed by colleges or universities with science education programs  or departments; school systems, publishing companies (trade and educational), science centers, non profit organizations (e.g., astronomy associations), government agencies (NASA, NOAA); independent contractors who serve as consultants to these types of institutions; independent business owners starting their own consulting firms; K-12 schools; assessment companies.

仕事の種類 

教える仕事。数多くの サイエンスコンテンツ開発者 科学教育者は、学校や大学の教室で科学教育に携わっています。これらの科学教育者は、科学コースを教えたり、科学科の学科長や科学プログラムのコーディネーター、科学カリキュラムの専門家であったりします。

教職以外の仕事。 科学コンテンツ開発者は、教師としての経験を持っていることが多いのですが、この職業には必ずしも必要ではありません。

Science centers  and museums  are great places for science content developers to find jobs that allow them to develop STEM resources and educational learning materials that meet standards while also being fun and engaging. Science centers are non-profit organizations that promote 公的 interest in science by providing informal STEM experiences through exhibitions and outreach programs, including traveling exhibits. Museums host exhibitions on topics of cultural history where science is often interwoven with the displays.

教育出版社の科学出版社または科学部門は、科学の教科書、専門的な開発コース、科学のワークブックを担当します。これらの科学コンテンツ開発者は、州の基準をサポートする、年齢に応じた科学教育教材の開発に注力しています。

非営利団体は、科学アウトリーチプログラム(例:占星術協会)や研究プロジェクト(例:スミソニアン)を通じて、一般の人々に情報を提供することを目的としています。科学コンテンツ開発者は、これらの組織の科学教育担当者として、科学活動やアウトリーチプログラム用のSTEMリソースを作成します。非営利団体の中には、教育目的のウェブサイトを運営しているところもあります。そこでは、科学コンテンツ開発者が魅力的な学習モジュールを作成し、訪問者がインタラクティブなウェブページを使って、扱うトピックについて学べるようにしています。

サイエンスコンテンツ開発者の給与体系 

$25,857- $134,893/年。

学士号を取得した大学新卒者の平均初任給は、一般的に55Kから57K程度です。あなたがキャリアパスのタイトルを保持するために計画している科学コンテンツ開発の仕事の種類に応じて、あなたが受け取ることを期待できる金額を決定します。小学校の先生は平均42~60万円ですが、NASAで働く人は年収120万円以上になることもあります。

サイエンティフィック・コンテンツの作成にお困りですか?何千人もの人々と協力して サブジェクト・マター・エキスパート と、KolabtreeのSTEMスペシャリスト。 


Kolabtreeは、世界中の企業がオンデマンドで専門家を雇用できるよう支援します。私たちのフリーランサーは、企業が研究を公開するのを助けてきました。 書類製品開発、データ解析など、さまざまな業務に対応します。1分ほどで、お客様のご要望をお聞かせいただき、専門家によるお見積りを無料でお受けしています。


共有しています。

著者について

Ramya Sriramは、科学者のための世界最大のフリーランス・プラットフォームであるKolabtree (kolabtree.com)で、デジタルコンテンツとコミュニケーションを管理しています。出版、広告、デジタルコンテンツ制作の分野で10年以上の経験があります。

返信を残す