さようなら、専門家会議。もっといいネットワークづくりの方法があります。

0

デジタル化された現代において、研究者や産業界のネットワーキングの大半が、専門の学会やコンベンションで行われていることは驚くべきことです。によると コンベンションインダストリ、ほぼ 180万ミーティング 2009年暦年で、米国では2億500万人が参加したと推定されています。その結果、$2603億円以上の直接消費(宿泊、旅行、その他の関連活動の購入に関連する費用)が発生しました。

会議

It is quite impossible for anybody, be it a researcher or a 事業 person, to work in isolation. Having a strong network in your professional and personal lives is important for you to access opportunities to grow. Students, scientists, industry experts and professors meet at conferences, all seeking the same thing – expanding and strengthening their network. Most attendees have a goal in mind which they seek to achieve at the event – meeting an important person, talking their way into a research group, finding a collaborator, etc. But attending an event doesn’t it come without its own share of challenges.

  1. お金がかかっている 

カンファレンスに参加するには、ほとんどの場合、登録料や特定のイベントのチケットの購入が必要です。その他に、旅費、宿泊費、食費、雑費などがかかります。たとえ無料(まれ)であっても、学生割引があっても、参加費用は多くの人にとって高額になることがあります。

A study by conventionindustry.org says that “the total direct spending associated with U.S. meetings 活動 in 2012 is estimated at over $280 billion. Approximately $130 billion (46%)  of the direct spending in the meetings industry is on travel and tourism commodities such as lodging, food service, and transportation. The majority of direct spending, however, is not travel-related, with $150 billion or 54 percent involving meeting planning and production costs, venue rental, and other non-travel & tourism commodities…”

信頼できる統計を取るのは難しいが、ある 報告 IEEEが2007年に発表した資料によると、学会登録料の平均は$451であった。しかし、登録料は総費用の24%に過ぎず、航空券代が26%、ホテル代が24%を占めている。手頃な価格であることが、個人や組織が受けるべきガイダンスやサポートを受けられない主な制約要因となっています。

  1. It costs time, エネルギー and effort 

会議の計画には、数週間から数ヶ月の準備期間が必要です。書類作成、参加者の調査、手紙での事前打ち合わせ、イベントへの登録、費用を節約するためのボランティア活動、イベント期間中の休暇を補うための残業など、多岐にわたります。また、特に内向的な人にとっては、カンファレンスに参加することは精神的にも肉体的にも疲れることです。

リサーチ を見ると、多くの人がプロフェッショナルな人脈作りを苦手としていることがわかります。人脈作りを成功させるには、自分を売り込み、正しい印象を与えることが必要な場合が少なくありません。しかし、これは誰にでもできることではなく、中には自分を出すことに抵抗がある人もいるでしょう。専門家会議に出席する人の多くは、社会人として避けられないこととして出席しています。

白黒シティー・マン・ピープル

  1. 希望はあっても確証はない 

One would think that having spent so much of resources into attending an event, one would be guaranteed of a satisfactory outcome. However, often, you may have to come away disappointed from the event. Perhaps you didn’t get to meet the person you wanted to because he/she didn’t turn up last minute, perhaps there was no time. We also have to factor in any unfortunate circumstances that might prevent you from getting the best out of the event (such as a last minute emergency or an illness). While you may hope to get what you’re looking for at a conference, there is no guarantee. There’s no assurance. It’s, at the end of the day, a gamble.

With social メディア gaining popularity in the academic and business worlds, there is growing accessibility to researchers and industry experts from all over the world. According to an 研究 Pew Research Centreが2015年に発表した論文では、AAASの科学者の22%が、自分の研究を宣伝するためにTwitterやFacebookを使うことを信じていた。LinkedInのグループも、潜在的な共同研究者やパートナーの狩場として人気が出てきています。

科学者、企業人、起業家、学生などが特定のプロジェクトで互いにつながり、協力し合えるようなデジタルプラットフォームが明らかに不足しているのです。もしあなたが、自分のデータの統計的レビューを手伝ってくれる人を探すとしたら、何時間もかけて調べ、適切な人をオンラインで探し、メールを送り、返事が来ることを願う必要があるかもしれません。そして、たとえ返信があったとしても、彼らは

  1. a) 協力する気があるのかないのか
  2. b) 制限的なポリシーに縛られる可能性がある。
  3. c) 予算のミスマッチがあるかもしれない。

コラブツリー aims to solve that problem, by allowing people to connect with a reputed expert, who willingly offers his/her expertise online. With already 2000+ postdocs from all over the world on board, including those from institutions such as Stanford, Cambridge, Oxford and MIT, it aims to reduce the monetary burden that comes with attending a professional conference. Kolabtree assures you of quick help on specific subject 地域, facilitates easy access to specialist freelancers, and allows you to choose your own budget per project.

を持つこと。 オンラインコラボレーションプラットフォーム allows a specificity and certainty that doesn’t come from attending professional networks, where there is always some degree of ambiguity involved. Ultimately, the goal is to democratize access to research, so that more and more people benefit from it – not only scientists and industries but also individuals like you and I.

 

 

 

 


Kolabtreeは、世界中の企業がオンデマンドで専門家を雇えるようにします。当社のフリーランサーは、企業が研究論文を発表したり、製品を開発したり、データを分析したりするのに役立っています。それはあなたが行う必要があるものを教えて、無料で専門家からの見積もりを取得するために1分だけかかります。


共有しています。

著者について

Ramya Sriramは、科学者のための世界最大のフリーランス・プラットフォームであるKolabtree (kolabtree.com)で、デジタルコンテンツとコミュニケーションを管理しています。出版、広告、デジタルコンテンツ制作の分野で10年以上の経験があります。

返信を残す