ビッグデータを利用する際に避けるべき5つの大きな間違い

0

ビジネスを成長させるために、どのようにビッグデータを利用すればよいかを考えていますか?ビッグデータの流行に乗り遅れないようにしてください。どんなに優れた技術やシステムでも、適切に導入されなければ失敗します。 ビッグデータの専門家 そのために、いくつかの重要なポイントを紹介します。

ビッグデータを扱う際に心に留めておくべき重要なポイントを以下にまとめてみました。この5つの大きな間違いを避けることで、ビッグデータでの失敗を避けることができるでしょう。

1. 間違った情報源を選んでしまった。 誤ったソースに注目すると、大きな誤解や誤った結論を招くことになります。ビッグデータは、Webサイトの分析結果、ソーシャルメディアのデータ、センサーデータ、機械のログデータ、メディア、ビジネスアプリ、そしてもちろんインターネットなど、さまざまなソースから収集されます。そのため、このデータの海に溺れてしまうこともあります。よくある間違いの一つは、簡単に入手できて、クリーニングの必要がないデータセットを選んでしまうことです。しかし、たとえそのデータセットが多くの調査やクリーニングを必要とするものであっても、何を解決する必要があるのかに応じて、適切なソースを選択することが非常に重要です。このことは、次の重要な点にもつながります。

2. 目標を明確にしていない。 データソースに目を通す前に、自分が何を求めているのかを明確にする必要があります。何を解決しようとしているのかが明確でなければ、適切なリソースを選択することはできません。目的がはっきりしていないと、どうしても簡単に手に入るデータを使いがちになります。その結果、膨大な量のデータの中を目的もなく泳ぐことになり、具体的な成果が得られなくなってしまいます。

ビッグデータのイメージ

3. データ品質を無視している。 次に重要なのは、高品質なデータを確保することです。膨大な量のデータがあっても、それは正しい情報源から得られたものであり、目標に沿ったものであるかもしれません。しかし、だからといって、そのデータが正確で一貫性のあるものである必要性が損なわれるわけではありません。大企業では、膨大な量のデータをクリーンアップし、一貫性と統一性を確保するために、実際に人を雇っています。

4. データを分類していない。 最初の段階でデータを適切に分類しておかないと、後になってミクロレベルの洞察を得るためにデータを分類しようとしても、非常に面倒な作業になってしまいます。製品、部門、地域などでデータを分類し、必要に応じて容易にデータをスライスできるようにしましょう。そうすれば、ビッグデータを深く掘り下げて、より良い洞察を簡単に得ることができるようになります。

5. クラウドに移行しない 最後に、ビッグデータは膨大な量のストレージスペースを必要とするため、莫大なインフラコストがかかることも事実です。お客様のビジネスの性質や、成長のための重要なツールとしてのビッグデータの必要性に応じて、ビッグデータの導入はお客様のビジネスに大きな影響を与えます。一歩間違えると、ビッグデータのメリットを生かすどころか、基本的なことに苦労することになるかもしれません。したがって、データをクラウドに移行することは、インフラコストを最適化し、状況に応じて規模を拡大または縮小することができる最も安全な選択肢の1つです。

ビッグデータはこれからも存在します。だからこそ、早期に利益を得て失敗を避けるために、組織が適切な先見性を持ってビッグデータを導入するようにしましょう。 経験豊富なデータ分析専門家の採用 これにより、最初からこのような失敗を避けることができます。


Kolabtreeは、世界中の企業がオンデマンドで専門家を雇えるようにします。当社のフリーランサーは、企業が研究論文を発表したり、製品を開発したり、データを分析したりするのに役立っています。それはあなたが行う必要があるものを教えて、無料で専門家からの見積もりを取得するために1分だけかかります。


共有しています。

著者について

MinhajはKolabtreeのオペレーションを管理しています。

返信を残す