効果的な科学コミュニケーションのために科学者ができること

0

効果 サイエンスコミュニケーション refers to the process of effectively relaying the facts and findings from scientific studies to other scientists and non-experts in 一般. This process of dissemination of facts from current research and findings helps people understand its broader implications for the society. Public awareness, in turn, helps taking informed decisions. The effectiveness of サイエンスコミュニケーション can affect the science policy-related legislation and monetary budget allocations from funding agencies for further scientific research and advancement. The definition of science コミュニケーション may seem straightforward; however, current practices of effective science communication is far from perfect.

虚偽の情報の誕生と拡散 

膨大な量の情報が誰にでも手に入る時代になりました。 ブログ, Facebook posts and Instagram photos–to learn and propagate further. While each media platform offers unique ways to share science there is a downside of prevalent misleading or false information. Science ジャーナリズム plays a key role as the pipeline for transmission of scientific information to the public. A lot of times, media and journalists may oversimplify the scientific information to make it suited for lay audiences. A popular practice known as “infotainment”,  focuses on describing new scientific discoveries in an entertaining fashion. Frequently, to “sensationalize” the scientific evidence, journalists may end up generalizing the facts to the point of being overreaching or worse–even blatantly wrong. Unfortunately it is these sensational headlines which lend themselves beautifully to being wildly circulated on social media and Whatsapp. A 研究 がScience誌に掲載されました。 フェイクニュースがリツイートされる確率は、真のニュースよりも70%高かった。.

科学分野における偽ニュースの好例が、惑星Xの陰謀である。惑星系「ニビル」が地球に衝突し、21世紀初頭に世界の終わりを引き起こすというものだ。この終末論は、NASAをはじめとする世界中の科学者・天文学者によって広く否定され、否定されているにもかかわらず、いまだにインターネット上で定期的に流布されています。このようなデマの多くは、完全に消えることはなく、時折、再登場します。

There’s the other issues of science journalists chasing a definitive headline, which means that they often report findings from a single study or even mis-report inconclusive studies. Sometimes, there’s a disconnect between the headline and 記事 itself, and the lines between a strong headline and clickbait are getting increasingly blurry.  A recent headline in the New Scientist read, “Cause of polycystic ovary syndrome discovered at last”. However, the article reported that a study carried out on mice suggested that PCOS かもしれない は、出産前のホルモンバランスの乱れが原因とされています。

誤解を招くような情報を防ぐには 

科学者自身が効果的な科学コミュニケーターになれば、科学は発展する。しかし、一般的に科学者は、自分の科学を説明する際に専門用語を多用することで、俗物的な印象を与えてしまいます。どの分野にも固有の語彙があります。同じ分野の仲間同士であれば理解し合えますが、それを超えたコミュニケーションには大きな障害があります。このような行動の根本的な理由の1つは、次のような大きな隔たりがあることです。 科学者が世間に知られていると思っていること そして、一般の人々が何を知っているのか。効果的なコミュニケーションは、科学が個人やコミュニティの日常生活に与える影響をよりよく理解するために、記録を明確にするのに役立ちます。最終的には、一般の人々の認識が、政府による情報に基づいた意思決定を促すことになります。

One of the problems is that scientists in the STEM (Science, Technology, Engineering and Mathematics) fields do not get any formal training on communicating science effectively.  From undergraduate to graduate student to postdoc and even beyond, scientists live in a knowledge bubble comprising of their peers, who speak the same complex lingo. Communicating to a general audience is a whole other ball game.

科学者が効果的な科学コミュニケーションに参加するには

では、科学者が効果的なコミュニケーターになるにはどうすればよいのでしょうか。

物語を語る。 First and foremost, to develop a completely new communication skill set, scientists must pay close attention to the language they use and practice. People like listening to stories. The art of storytelling has the ability to unify science and humanities. Some scientists who 抜きん出る これをもって、たとえば  オリビア・アンブロジオ  ミッチェル・ウォルドロップ  とMegan Watzkeを参考にしてみてはいかがでしょうか。優れたサイエンスコミュニケーションの例を読むことは、自分のコミュニケーションスタイルを確立するのに役立ちます。

非公式の科学普及活動に参加する。 もっと知りたい」と思わせるには、より広い範囲で物語を展開するのが効果的です。 科学者は、そもそも何に触発されてこの仕事に就いたのか、その発見が世界の現在の問題の解決にどのように役立つのかを詳しく説明するようにしなければなりません。科学者を志す人たちは、科学的なトレーニングを受けている間に、インフォーマルな科学アウトリーチの機会に触れ、相乗的に成長していく必要があります。実際に、科学コミュニケーションを統合すると サン 専門用語をそれぞれの所属機関のカリキュラムの一部として取り入れることは、一般の人々との間の溝を埋めるのに大いに役立ちます。

ズームアウト。 科学者は、専門家ではない人たちとの交流が、自分たちにとっても大きなメリットがあることを認識する必要があります。研究者として、私たちは自分の視点と理解で物事を説明しがちです。多くの場合、科学者は微細な仕様や詳細に過度に没頭してしまいます。科学者は膨大な知識を持っているため、一歩下がって問題を俯瞰的に見ることは非常に困難です。逆に言えば、科学的な内容を一般の人々に説明するためには、科学者はシンプルで簡潔な方法を用いなければなりません。これは、科学者が大局的に物事を考えられるようにするための練習です。自分の好奇心を満たすだけではなく、自分の研究の重要性や、それが世界にどのような影響を与えるのかを考える機会を与えてくれるのです。

科学の情報は、エリート主義的なクラブの中にあるべきではありません。科学は、誰もが理解できる形式でアクセスできるものであり、実際にそうでなければなりません。確かに、科学コミュニケーションは、経験の浅い科学者にとっては、険しく時間のかかる道のりかもしれません。 しかし、適切なトレーニングを受けた上で リソースこのような初心者は、科学者、ジャーナリスト、一般市民の間のギャップを埋めるために、一貫性のある効果的な科学コミュニケーション戦略を徐々に身につけていくことができます。


Kolabtreeは、世界中の企業がオンデマンドで専門家を雇えるようにします。当社のフリーランサーは、企業が研究論文を発表したり、製品を開発したり、データを分析したりするのに役立っています。それはあなたが行う必要があるものを教えて、無料で専門家からの見積もりを取得するために1分だけかかります。


共有しています。

著者について

Maya Raghunandanは、米国ミネソタ大学ツインシティ校で生化学・分子生物学の博士号を取得しました。現在、ベルギーのブリュッセルにあるルーバン・カトリック大学でがん生物学の研究者として活躍しています。余暇には、専門用語を使わないブログ(http://www.sciencesnippets.org/)で、クールな科学の発見について書いています。なぜなら、科学は複雑に聞こえる必要はないからです。むしろ、誰もが理解できるものでなければなりません。

返信を残す