ヘルスケアにおける3Dプリントの未来

0

とはいえ 3Dプリンティング は1984年に開発されましたが、ここ数年、既存の企業や流行の先端を行く新興企業がこの技術を試用し始めたところです。これは、近年の3Dプリンティングの進化により、これまで以上に費用対効果が高くなったことが主な要因です。実際 3Dプリンティング is now so cheap that companies are manufacturing things like pens, figurines, and household tools with 3D printing technology.  Here’s how future of 3D printing in ヘルスケア is:

メディカル science firms have also spent the last few years trying to figure out how to utilize 3D printers to lower 健康 医療費の削減や病気・けがの治療など、さまざまな場面で3Dプリンターが活躍しています。医療分野での3Dプリンターによる進歩は、今のところそれほど大きくはありませんが、将来的には、この技術を使ってあらゆる医療問題を解決することは、実現可能な夢です。

ヘルスケアにおける3Dプリンティングの未来を見てみましょう。
3Dプリンターによる外科手術の高度化

によると 米国食品医薬品局(U.S. Food & Drug Administration3Dプリンタは、患者の体型や解剖学的な要件に合わせた医療機器や手術器具の製造に、すでに利用されています。このような特殊な手術器具を作ることで、医師は患者のユニークなニーズをより効果的かつ効率的に治療することができます。 

現在、3Dプリンターは、非常に複雑な手術器具を、従来の製造技術で作るよりも安いコストで作るために、すでに使われています。当然、アメリカの医療費高騰にも貢献しています。 
 

現在、3Dプリンターで医療機器や手術器具を製造し、患者さんの解剖学的な要件に合うように特別に設計することが試みられています。



3Dプリンターで体のパーツを作る

You have no doubt seen the headlines flash across your television or computer screen — companies are now creating on-demand 製品 in real-time thanks to innovations in the 3D printing space. Since 2014 or so, clothing companies, jewelers, and manufacturers have experimented with creating things like jewelry, shoes, and t-shirts from 3D printing 方便.

しかし、多くの人が知らないのは、医療関係者が患者のために新しい体のパーツを作る方法として3Dプリントを利用していることです。驚くべきことに、医療技術企業は、火傷患者のための新しい皮膚や、さまざまな呼吸器系の問題を抱える幼児や乳児のための新しい気道確保用インプラントを、印刷手法で作成しているのです。 

3Dプリンティング技術の開発が進むにつれ、医師は3Dプリンティングを利用して、病気の患者さんのために、より複雑なインプラントを作ることを望んでいます。同様に、医師は最終的に3Dプリントを利用して、人々のために新しい手、足、脚、鼻、目を作りたいと考えています。また、先見の明のある病理学者は、3D人工臓器を使って感染症や癌と闘う方法を考えようとしています。 疾患

医師や科学者は、高度な人工装具のために、手や耳などの付属物を3Dプリントして完成させることに取り組んでいます。

また、美容外科手術の改善、あるいは人体の機能向上に印刷技術を活用する可能性は無限大です。例えば プリンストン は、3Dプリンティング技術により、人間の耳には聞こえない電波を認識する、いわゆる「バイオニック(人工)耳」を開発中です。 

整形手術では、完璧な頬、鼻、目を作ることで、整形外科医は、見た目や気分を若く見せたいという顧客の要求に応えることができます。 

The Future of 3D Printing in Medicine and Beyond

3Dプリンターで新しい身体の一部や臓器を確実に作れるようになるにはまだ何年もかかりますが、この技術は医師や外科医が患者を治療する方法に革命を起こし続けるでしょう。 
また、3Dプリンターは医療分野以外の産業にも大きな影響を与えるでしょう。シャツ、乗り物、新しい臓器など、私たちが必要とするものの多くが、いずれ3Dプリンターで作られるようになると考えると、とても興味深いですね。

——

Need help with your research or 事業 project? Consult a フリーランス・サイエンティスト をKolabtreeに掲載しました。


Kolabtreeは、世界中の企業がオンデマンドで専門家を雇用できるよう支援します。私たちのフリーランサーは、企業が研究を公開するのを助けてきました。 書類製品開発、データ解析など、さまざまな業務に対応します。1分ほどで、お客様のご要望をお聞かせいただき、専門家によるお見積りを無料でお受けしています。


共有しています。

著者について

アニー・グレース・フレミングは、トライメットグループ(trimetgroup.com)の広報スペシャリストです。3Dプリント技術や製造に関するトピックを扱うさまざまなブログのコンテンツを定期的に制作しています。

返信を残す