Kolabtreeでの企画書作成

1

So, you’re excited with a プロジェクト on Kolabtree and want to submit a proposal right away. It’s actually quite simple! In this post, we intend to present a brief overview of what an ideal proposal should look like, so that it increases your chances of winning a project each time you submit a proposal.

目的
提案書を提出する基本的な目的は、プロジェクトへの入札に興味があることをクライアントに伝えることです。提案書は、クライアントの興味を引き、あなたがそのプロジェクトに適しているという確信を持ってもらうための最初の詳細を伝える手段です。

サイテーション分析

詳細はこちら
First things first – DO NOT mistake a Kolabtree proposal for a typical リサーチ proposal. A proposal on Kolabtree is completely different from what researchers are typically used to.

プロジェクトの全体像を理解し、適切な価格を見積もるのに十分な詳細情報があれば、すぐに提案書を提出することができます。以下の行では、強力な提案書を提出するために、各項目を詳しく説明しています。

あなたのアプローチを説明してください。
This is one of the most important aspects of your proposal since this is where you describe how you’ll go about handling the tasks outlined in the project. The 一次 focus in this step should be to give the client the confidence that you can take on the project and handle it.

Since some projects posted on Kolabtree will have several steps and complexities involved, you can break down the project flow into several tasks. For example, if you’re working on a data analysis project, you might want to conduct a preliminary analysis and share the results with the client before proceeding to work on more complicated parts of the analyses. In such a case you can mention your first step as “I will conduct a preliminary analysis based on the data presented in the file titled “XYZ.xlsx” and mark it as “My Task.” The second step can be outlined as “The client will need to provide some feedback on the task completed in step 1” and mark it as “client 見直し/input needed” and so on and so forth.

お客様に何か質問はありますか?
You can use this section to pose any questions you might have for the client. Kolabtree has 公共 そして Private Discussion forums within the platform that can help you discuss details even before you begin working on the project. If for any reason, you still feel that you would like to pose a question along with your proposal, you can include your question in this section.

料金
プロジェクトに必要な労力を理解した上で、適切な料金(米ドル)を提示する。なお、クライアントとの話し合いの中でプロジェクトの範囲が変更になった場合は、料金を修正することができます。米国外のお客様の場合は、為替レートを考慮して料金を提示してください。

注意してください。 Kolabtree will deduct a fee (up to 20%) from your quoted fee. Please keep this in mind when quoting your fee. We haven’t introduced this fee as yet and will let you know when we do so.

プロジェクトの範囲を理解し、いくつかの質問に答えてから料金を確定したい場合には、「Not ready to quote fee.まずは相談したい」を選択します。打ち合わせが完了し、料金を提示できる状態になってから料金を入力することができます。

締め切り
クライアントが提示したタスクを何日までに完了できるかを述べます。この期日は、当然ながらクライアントが設定した期日かそれ以前でなければなりません。しかし、クライアントが柔軟な期限を設定していて、あなたがクライアントから提示された期限よりもタスクに時間がかかりそうだと感じた場合は、適切な日付を選択し、次のセクションで時間がかかる理由を詳しく説明することができます。

プロジェクトの詳細が不明瞭な場合はどうすればいいのでしょうか?
クライアントがプロジェクトの詳細を明確に把握していない場合もあります。そこで、企画書を提出する前に、より詳細な情報を求めたいと思います。これには2つの方法があります。

1. 公開討論を開始します。 Use this feature when you have a 一般 query that you wouldn’t mind asking publicly to the client. In other words, any query that you pose here can be read by other freelancers who might be looking to submit a proposal for the project.

質問をする」機能を使ってクライアントと公開討論を始め、強力な提案を提出できるだけの十分な詳細情報を得た後に提案書を提出することができます。ただし、このフォーラムに投稿した内容は、Kolabtreeにログインしているすべてのユーザーが見ることができることに留意してください。

2. プライベートな議論を始める 特定の質問については、公の場での議論を避け、お客様に非公開で質問をしたい場合があります。そのような場合には、「プライベート・ディスカッション」フォーラムをご利用ください。このフォーラムにアクセスするには、あなたがプロジェクトについて少しでも理解した上で、基本的な提案書を提出する必要があります。提案書を提出すると、クライアントとのプライベートディスカッションを開始することができます。ただし、お客様からのお問い合わせに対応し、議論を進めるのはお客様自身であることを忘れないでください。

まだ何かに行き詰まっている?あなたの質問にまだ答えていませんか?contact@localhostまでご連絡いただければ、可能な限り早く対応させていただきます。


Kolabtreeは、世界中の企業がオンデマンドで専門家を雇用できるよう支援します。私たちのフリーランサーは、企業が研究を公開するのを助けてきました。 書類製品開発、データ解析など、さまざまな業務に対応します。1分ほどで、お客様のご要望をお聞かせいただき、専門家によるお見積りを無料でお受けしています。


共有しています。

著者について

MinhajはKolabtreeのオペレーションを管理しています。

1件のコメント

返信を残す