企業がデータアナリティクスに注目すべき2つの理由

0

Big Data is a big word in the tech 世界. One look at the highly popular hashtag #BigData reveals how it is gaining increasing credence. There’s a lot of talk about Big Data and how data analytics can help drive and turn around businesses. However, many people and companies are yet to come to terms with what exactly can Big Data deliver for their business.

数年前、大手靴店ブランドのアウトレットに足を運んだことを思い出します。驚いたことに、店内にはほとんど人がいないにもかかわらず、探しているものがあると、周りを見渡して人を呼ばなければならなかったのです。その店長も、自分にとって重要なその足を持つ実際の顧客がどのように扱われているかを実際にモニターするために、足跡の分析に忙殺されていることが判明した。このことから、データ分析がビジネスの成長に役立つという話は、考え直す必要があると感じました。

しかし、それは数年前の話です。現在のデジタル時代において、劇的に変化したのは、想像しうるあらゆるソースからあらゆるレベルのデータをデジタルで追跡することです。企業は、消費者行動、トレンド、その他さまざまな側面を理解するために、大量のデータを扱う必要が出てきました。このため、ビッグデータの出現により、単に正しいデータを取得するだけでなく、膨大な量のデータを実際に分析し、意味を持たせることが課題となりました。

Big_Data

Through a シリーズ of articles, I plan to dwell on the various aspects of business that Big Data and データアナリティクス in general can help unravel. In this 記事, I intend to cover two simple aspects that can be helpful for entrepreneurs and startup managers.

1. Eliminating guesswork: Let’s keep this plain and simple. One of the major drivers for data analytics is that data allows entrepreneurs and division heads of companies to take decisions based on data. Gone are the days of guesswork. With the phenomenal amount of advancement in technology and tracking tools employed at every ステージ of transaction, it’s probably more difficult than ever to compensate for data with entrepreneur intuition.

エリック・ライズ氏は、その革新的な著書『リーン・スタートアップ』の中で、検証された学習(validated learning)を強調しています。彼は、検証された学習とは、チームがスタートアップの現在と将来のビジネス展望について価値ある真実を発見したことを経験的に実証するプロセスであると説明しています。あらゆる段階での意思決定は、データに裏打ちされたものである必要があるのです。

So, what types of decisions can data analytics help influence? First and foremost is hardcore data that validates the success of your 製品 or service. It’s easy to hypothesize that your latest product or service or the change you’ve made to your website will continue to make waves just because it is unique or presents a new way of looking at/doing things. It will work just because you strongly feel it’ll work. Data analytics and Big Data are all about analyzing that feel based on actual data and then authenticating or negating your intuition.

2. Waking up to new realities: There is this aspect of discovery by virtue of studying data. I vividly recall one of our ソーシャル メディア team reviews wherein I was stressing that we should continue to focus on Twitter rather than Facebook. My argument was that we were attracting many more followers and interactions on Twitter as compared to Facebook. Almost everyone across the table seemed to agree till our SEO expert interrupted with data from our Google Analytics account. We’d gotten almost three times more conversions from フェイスブック のものと比較して ツイッター despite the much lower トラフィック! This closed the decision around where we needed to focus to get more conversions quickly. This is a simple example of the magic of data analytics.

I would like to invite startup founders and managers and and medium businesses to share more examples of how data analytics has helped them validate/negate their intuition and discover new realities.


Kolabtreeは、世界中の企業がオンデマンドで専門家を雇用できるよう支援します。私たちのフリーランサーは、企業が研究を公開するのを助けてきました。 書類製品開発、データ解析など、さまざまな業務に対応します。1分ほどで、お客様のご要望をお聞かせいただき、専門家によるお見積りを無料でお受けしています。


共有しています。

著者について

MinhajはKolabtreeのオペレーションを管理しています。

返信を残す