食品業界におけるビッグデータの5つの活用法

0

ビッグデータの利用は、大量の情報と洞察力を提供することで、様々な形でビジネスに革命をもたらしています。 の用途は多岐にわたります。 ビッグデータ 食品業界の仕事は特に面白く、非常に多岐にわたっています。食品業界は、最も重要な産業の一つです。 ダイナミックインダストリー 製品もそれに合わせて進化していかなければならない時代です。 ビッグデータの活用と 消費者の要望に応える。この業界には、生産者や流通業者、食料品店やレストランなど、さまざまな関係者が関わっています。食品や商品は、調達され、維持され、出荷され、時には保存されます。そして、消費者の食料庫や高級レストランのグルメ食材など、最終目的地に到達するまでには、長い旅が待っています。

For the entire journey, the quality and storage specifications of these foods must be monitored and optimized. If they’re not, it could mean mass contamination, which is bad for public health. Such a situation also has serious financial repercussions both from the damage the poor handling can cause and the overall loss of goods and value.

もちろん、ビッグデータを飲食業界に活用する方法は他にもあります。顧客の動向や好みを把握したり、より楽しい食体験を提供したり、マーケティングやプロモーションを強化したりなど、さまざまな用途に活用できます。ここでは、飲食業界におけるビッグデータの最もクリエイティブで革新的な活用法をご紹介します。

1.オンタイムまたはファストデリバリ

フードデリバリー、特に時間指定のものは科学です。温かいピザを時間通りにレストランからお客さまの家の玄関先まで届けるだけでも、膨大な量の物流や異常値が発生します。しかし、宅配業者や配送業者は、これほどまでに高度な技術を手に入れることはできませんでした。

Big data systems and analytics can be used to monitor and better understand elements like traffic, weather, current climates, route changes, construction and even distance. This information rolls into a more elaborate system that calculates the time required to travel to a delivery spot. AI and 機械学習 systems, for example, can be leveraged to better predict and provide delivery times.

ビッグデータは他にも革新的な方法で活用されています。例えば、Muncheryでは、さまざまな都市に異なる料理を専門とするシェフを配置しています。ユーザーから収集したデータをもとに、ユーザーの好みに合わせてメニューや味、食材を調整しています。Blue Apronでは、このような分析手法を プラットフォーム と呼ばれるLookerを使って、ほぼリアルタイムで食材の配送に関する判断を行い、判断時間を最大1日短縮しました。

2.センチメント分析

ソーシャルメディアの普及により、現代社会の非常に重要な側面のひとつである「顧客感情」にスポットライトが当てられるようになりました。顧客感情とは、ブランドやその製品、個人的な経験に関して、特定の感情や気持ちを抱く一般的な傾向のことです。

この手法は、一般的に多くの企業が、顧客やブランドに対する感情の高まりを知るために使用しています。ソーシャルメディア上のメンションを収集、集計、分析し、さらには可視化することで、統計的に解釈可能なデータを生成し、ビジネス上の意思決定を促すことができます。センチメント分析は、食品・飲料業界において、トレンドや人気のあるアイテムや商品を理解するために使用されています。例えば、クラフトビール業界では、ソーシャルメディアのトレンド(ハッシュタグなど)を利用して、次回の製品リリースの際に人気のある飲料を特定することができます。インディア・ペール・エールは、あるシーズンには需要が高いが、別のシーズンには敬遠されるかもしれません。

Natural Language ToolkitやTextblobなどのツールは、企業が顧客の行動に関するより深い洞察にアクセスし、それを利用して販売を促進するのに役立っています。

レストランや飲食店のレビューは、ビジネスの成長に大きな役割を果たしています - どこまでも 偽物のレストランを本物のように見せかけることもできる。 話題性を高めるだけで。 これは、私たちの感情がシンプルな方法で簡単に操作できることを示しており、企業はまさにこの点を利用したいと考えています。また、企業は感情分析を行うことで、高品質な環境を提供するために将来の店舗をより良く設計・開発することができます。たとえば、レストランのトイレのデザインには、体験の良し悪しを左右するさまざまな要素が含まれています。ビッグデータはそれを容易にしてくれます。

3.PRスタントとマーケティング

どんなビジネスでも、認知度を高めたり、ブランドロイヤリティを高めたりするために、古き良き時代のマーケティングを始めることが重要な場合があります。この分野でも、ビッグデータ技術が大いに活躍します。この技術は、ブランドや製品がいつ、どこで、どのように関連しているのかを把握するための素晴らしいインサイトを提供します。

2012年、Uber(ライドシェアサービス)は次のようなサービスを開始しました。 オンデマンド・バーベキュー・デリバリー・キャンペーン Uberは、Iron Works BBQとのコラボレーションにより、SXSWの参加者に向けて、BBQを提供しました。このシナリオでは、UberとIron Worksの両社が、BBQやフードデリバリーの需要が高い場所に着目していることがわかります。

4.モバイルアプリと最新の体験

レストランやフードチェーンのモバイルアプリを使って、予約や注文をしたり、メニューを調べたりしたことはありますか?また、同じアプリを使って、お得なキャンペーンやロイヤリティ・リワード・プログラムを利用したことはありますか?

マクドナルドはその代表格 は、今日の状況ではアプリを使って注文や支払いができるだけでなく、限定キャンペーンやお得な情報、無料アイテムなどにアクセスすることができます。それと同時に、会社は重要な顧客データを得ることができます。お客様がどの店舗をどのくらいの頻度で訪れ、何を注文したかがわかります。また、注文してから料理を受け取るまでにかかった時間や、来店時間、クレームや苦情を出したかどうかなど、要するにお客様の体験を知ることができるのです。

この戦略は、マクドナルドのようなブランドが、よりパーソナライズされた関連性の高い体験を提供するために、顧客に関するより多くのインサイトを得るための、新しく革新的な方法です。

5.サプライチェーンの透明性

今日の市場で円滑なオペレーションを行うためには、すべての参加者と商品の供給元を含む既存のサプライチェーンを理解することが絶対に必要です。 透明性を通してブランドは、顧客との関係を改善し、信頼とつながりを築き、より質の高い商品を提供し、権威を確立することができます。このような可能性は、グリーンや環境に優しい取り組み、安全で危険のない素材などに関しては特に顕著です。

透明性は、政府の監督や規制によって義務づけられていることが多いので、必ずしも選択によって提供されるものではありませんが、デフォルトで提供されるべきかどうかは全く別の議論です。

ビッグデータは、このような透明性の最適化を促進し、企業やプロバイダーが調達した商品や輸送された商品をよりよく追跡できるようにします。例えば、IoTと接続されたセンサーにより、プロバイダーは食品や飲料の出荷と配送の全過程を監視することができます。

There are even many talks of incorporating and deploying blockchain technologies in the industry — which is just another form of big data at its core.

ビッグデータは食品・飲料業界に革命をもたらすか?

すでにそうなっています。McDonald'sやTaco Bellをはじめとする多くのファーストフードブランドが提供している、改善された合理的な体験を見てみましょう。それは、ファーストフード以外の同様の食品・飲料会社にも当てはまります。訪問販売業者は、データを利用してより広い地域に効率よく配達しています。サプライヤーは、ビッグデータを活用して透明性を保ち、損失を最小限に抑えながらより高品質な商品を提供しています。食品業界におけるビッグデータの活用は急速に拡大しており、新たなイノベーションの余地は計り知れません。

————————–
食品業界に精通した人材をお探しですか?お問い合わせはこちらから フリーランスのフードサイエンティスト をKolabtreeに掲載しました。


Kolabtreeは、世界中の企業がオンデマンドで専門家を雇えるようにします。当社のフリーランサーは、企業が研究論文を発表したり、製品を開発したり、データを分析したりするのに役立っています。それはあなたが行う必要があるものを教えて、無料で専門家からの見積もりを取得するために1分だけかかります。


共有しています。

著者について

Finding an Outlet(https://www.findinganoutlet.com/)の創設者であるネイサン・サイクスは、ペンシルバニア州ピッツバーグ出身です。彼は、AI、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、その他の新興技術の最新ニュースやトレンドについて書くのが好きです。Twitter @nathansykestechでネイサンをフォローして、ビジネステクノロジーに関する最新情報を入手してください。

返信を残す